Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヘイルストーム、ニューEP『リイマジンド』リリース エイミー・リーとの再演を果たした「ブレイク・イン」先行配信

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 〈グラミー賞〉を誇るロック・バンド、ヘイルストームが、新作EP『リイマジンド』を8月14日(金)にリリース。本作では今までの彼らの代表曲を再構築した内容となっており、EPからの先行シングル「ブレイク・イン feat. エイミー・リー」が公開されています。  「ブレイク・イン」は、ゴールドレコードとなった2012年リリースの『ザ・ストレンジ・ケース・オブ...』収録曲で、当時エヴァネッセンスとカーニヴァル・オブ・マッドネス・ツアーを共に廻っていたときに、エヴァネッセンスのフロントマンであるエイミー・リーがこの楽曲に参加して話題となりました。  今年5月にヘイルストームの紅一点ヴォーカル、リジー・ヘイルがホストを務めるYouTubeインタビューシリーズ「レイズ・ユア・ホーンズ・ウィズ・リジー・ヘイル」にエイミー・リーが登場し、オンラインで「ブレイク・イン」のデュエットを披露。そのパワフルながら心を打つ、ロック・シーンを牽引するフロントウーマン2人の奇跡のコラボレーションに注目が集まったばかり。  リジーは今作について「ここ10年くらい面白半分で、アルバムとアルバムのリリースの間にカヴァーEPを出してきて、でも今回は大きく変えてみようって決めたの!1曲だけカヴァー曲で、あとはヘイルストームの楽曲を新たに作り直したヴァージョンを収録しているのよ。自分たちのお気に入りの曲をセルフリメイクするのはとても楽しかった。特に〈ブレイク・イン〉を唯一無二の素晴らしい、エイミー・リーを迎えてデュエットしたときは凄かった。ニック・ラスクリネクツがプロデューサーで、コロナ前にレコーディングしたんだけど、二人一緒の部屋で、最初から最後までのフルパフォーマンスで収録したの。エイミーが参加することで、単なるラヴソングから、お互い団結して支え合う声明へと、この楽曲に新しい意味をもたらした。いまは大変な世の中だけど、今作がみんなの楽しみや希望となってくれてたら嬉しいなと思っているわ!」とコメントしています。  EPには、「ブレイク・イン」の他にも2009年にリリースした彼らの1stシングルである「アイ・ゲット・オフ」や、ライヴで好評で音源化を長らく期待されてきたホイットニー・ヒューストンの「オールウェイズ・ラヴ・ユー」のカヴァー楽曲などが収録されています。  また、ヘイルストームは#ROADIESTRONGと銘打った、世界各地でライブを作り上げてきたツアークルーたちの経済的援助のためのキャンペーンを立ち上げました。特設ページでサポートグッズの購入や寄付を募り、ライヴ・ネイションが設立した救済基金「Crew Nation」に全て寄付されることになるとのことです。

【関連記事】