Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

萩原聖人&安達祐実、映画『ヴィレヴァン!』に出演 岡山天音と森川葵のコメント映像も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 映画『リトル・サブカル・ウォーズ~ヴィレヴァン!の逆襲~』の公開日が10月23日に決まり、スペシャルゲストとして萩原聖人と安達祐実の出演が発表された。 場面写真  2019年5月14日から6月25日にかけてメ~テレで放送されたドラマ『ヴィレヴァン!』は、自称「空っぽ」の杉下とその仲間たちが過ごした日々を描いた青春群像劇。先日、第2弾となるドラマ『ヴィレヴァン!2~七人のお侍編~』の製作も発表された。劇場版である本作は、この世から“サブカル”がなくなり、監視&コントロールされている世界を舞台に、ヴィレッジヴァンガードで働く杉下(岡山天音)らの壮絶なバトルが繰り広げられるリトル・サブカル・ウォーズを描く。  萩原が演じるのは、政府主導の特高警察のリーダー平等。軍服に身を包み、「サブカル撲滅」を掲げている最強の敵役だ。人間同士が完全に平等になることを望んでいる。そして、安達が演じるのは、政府主導の特高警察のサブリーダー平和。平等の妹で、上司である兄に忠誠を誓っており、人々の心が完全に平和になることを望んでいる。  萩原が演じる平等について、後藤庸介監督は「こんな相手を前にしたら、サブカルなんて確実に絶滅してしまうんだろうなと思わせる、『圧倒的な存在感』が欲しかった。強硬な態度の裏側に、どうしてもサブカル愛が滲み出てしまう人が良かった」とコメント。さらに、安達演じる平和については、「どれだけ辛辣なことを言っても、なぜか憎めない『絶対的な可愛らしさ』が欲しかった。キリッと威厳のある強さと、繊細な純朴さを同時に表現できる人が良かった」とキャスティングについて解説。さらに、クランクインした2人を目にした後藤監督は、「ヴィレヴァン戦士じゃ、この人たちに絶対勝てないな、と思いました笑」と、2人の存在感に脱帽している。  また、撮影現場より主演の岡山と森川葵のコメント映像が公開された。  映画とドラマを応援するクラウドファンディングは早くも目標金額を突破。ヴィレヴァンのショップ袋に自分の顔を印刷できる権や、夜のヴィレヴァンで過ごせる権などの「ヴィレヴァンならでは」なリターンも注目されているが、目標金額の達成を受けて、ストレッチゴールと追加リターンを準備中。なお、映画のエンドロールに名前を入れる権がリターンに含まれるコースは8月31日で締切となる。さらに、ヴィレヴァンスタッフから、手書きポップのメッセージも寄せられた。 ■コメント ●萩原聖人(平等役) 自分に馴染みがあるのか、ないのかサブカルチャー。 そんなこと考えた事もなく、よくヴィレヴァンでガチャガチャしてる自分が、映画に出してもらえるとのことで、非常に嬉しく思い楽しくやらせていただきました。ご覧になってくださった方が帰りに近所のヴィレヴァンでガチャしたくなるといいなぁ……。 ●安達祐実(平和役) 面白そう!という好奇心に掻き立てられて、参加させていただきました。 ジャンルとかルールとか、なんだかあらゆるものを越えた作品になっていると思います! 私は数日間の撮影でしたが、アトラクションの中に入り込んだような気持ちで楽しく撮影させていただきました。 日々ひたむきに作品づくりをしていたスタッフ、キャストの皆さんの苦労が、どうか報われますように!

リアルサウンド編集部

【関連記事】