Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

長瀬智也さんTOKIO脱退発表 城島リーダーは新会社“社長”に

配信

FNNプライムオンライン

TOKIOの長瀬智也さん(41)が、来年3月いっぱいで退所するとジャニーズ事務所が発表した。 ジャニーズ事務所によると、ボーカルの長瀬さんは、退所と同時に、グループも脱退するという。 「長瀬智也につきましては、少年時代にジャニーから教えられた“人の個性を大切にする”という考え方のもと、長年にわたって培ってきた表現者としてのクリエイティビティーを活かし、他事務所に属することなく、裏方としてゼロから新しい仕事の形を創り上げていくことになりました。」と説明した。 長瀬さんも、会員向けのファンサイトで退所の報告を行った。ファンへの感謝とともに「事務所のスタッフやメンバーと何年も話し合いを重ねた結果、今日のご報告となりました。僕は今、これで終わりだと肩を落とすよりも、よく此処までやって来れたなとメンバー全員を讃えます。」とした上で、「来年の3月をもって芸能界から次の場所へ向かいたいと思います。皆様にはその時まで温かく見守っていただけたら幸いです。また何処かでお会い出来たら、僕のやりたかった事を分かって頂けるよう邁進するだけです。」と決意を語った。 一方、リーダーの城島茂さん(49)、国分太一さん(45)、松岡昌宏さん(43)の残る3人については、TOKIOを解散することなく、来年4月に、ジャニーズ関連会社として新会社「株式会社TOKIO」を設立することも明かされた。 “リーダー”の城島さんは、新会社「株式会社TOKIO」の社長に就任。国分さんと松岡さんも副社長として経営にも携わりながら、グループと個人の仕事を行っていくという。3人も、会員向けサイトの中で、「TOKIO」として連名で、次のようにファンに報告。 「この度、我々TOKIOは、長い時間をかけ様々な話し合いを重ねた結果、 長年、共に歩んできました、メンバー長瀬智也の選んだ、新たな道に進む決断を尊重し、 他のメンバー3人は彼の生き方、考え方を納得した上で、気持ち良く、 彼を次の道に送り出す方向で話がまとまりました。 我々TOKIOはBANDから会社へ、 自分達らしく、そしてこのTOKIOという名前に、 恥じる事ないよう頑張っていきます!!」 TOKIOは、1994年9月にシングル「LOVE YOU ONLY」でCDデビュー。 わずか2カ月後に日本武道館で公演を開催。毎年、年末の“紅白歌合戦”に選ばれる常連だったが、2018年にメンバーの山口達也(48)さんが脱退した後は、事実上音楽活動は休止状態だった。 それでも、バラエティ番組やドラマなどそれぞれの個性を生かした個別の仕事で活躍を見せていきた。4人での音楽活動の再開を望むファンの声は多かったことから、ファンにとっては衝撃が走っているが、それぞれが新たなステージへ進むにあたって、「TOKIO」というグループ名を残し、社名にして会社を設立するというジャニーズのアイドルグループとしては常識を覆す新たな再出発となる。  

【関連記事】