Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

原発処理水の海洋放出に全漁連「反対」 梶山経産大臣「政府として責任を持って結論を出していきたい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 梶山経済産業大臣は16日、東京電力・福島第一原発の放射性物質トリチウムを含む水の処分方針について、「政府として責任を持って結論を出していきたい」と述べた。 【映像】処理水の海洋放出に全漁連が反対  昨日、全漁連会長らと面会した梶山経産大臣は、「風評の観点から、処理水の海洋放出に反対である。政府には慎重な判断を求める」といった要望があったとした上で、「要望をしっかりと受け止めた上で、政府内の検討を深めていく。特に風評・影響については、政府方針決定前後を問わずに徹底的な対応を取る必要があることを申し上げた。福島第一原子力発電所の廃炉の着実な実施は、原子力災害からの復興の大前提である。廃炉作業を遅延させないためにも、日々増加する処理水の取り扱いについて早期に方針を決定していく必要がある。昨日いただいた意見も十分に踏まえながら、政府として責任を持って結論を出していきたい」と説明した。  福島第一原発に貯まり続けるトリチウムなどを含む水は123万トンを超えていて、2年後の夏にタンクが満杯になる予定であることから、政府は地元の自治体や農林水産関係者から意見を聞くなどして処分方法を検討してきた。政府関係者によると来週、一般からの意見をとりまとめ、27日にも関係閣僚会議を開き、「海洋放出」での処分を正式に決定する方針だという。  「いつ結論を出すか?」との質問に梶山経産大臣は「未定。現時点で政府方針やその決定時期などを決めたという事実はない」と答えた。 (ABEMA NEWS)

【関連記事】