Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

松本穂香、主演作完成で万感「大切な人と映画館で見ていただけたら」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

10月16日(金)に公開される映画「みをつくし料理帖」の完成披露試写会が9月17日に都内で行われ、主演の松本穂香をはじめ、奈緒、若村麻由美、窪塚洋介、小関裕太、 藤井隆、石坂浩二、中村獅童、角川春樹監督の9人が登壇した。 【写真を見る】松本穂香がチェック柄の豪華なドレス姿を披露 同作は、幾度となく訪れる苦難を乗り越えながら料理人として成長していく女性と、その幼なじみとの不変の友情を描いた物語。これまでに北川景子や黒木華主演でドラマ化もされている。 冒頭で、角川監督は「73本の作品に関わってきました。この映画は、スタッフとキャストが現場で120%の力を発揮してくれた。それを見た時に、監督の仕事はみんなを一つにまとめて力を引き出させるのが仕事だと思いました」と回顧した。 主演を務めた松本は、角川監督から「女性陣はほめて伸ばす、男性陣は厳しくいく」と言われていたことを明かし、「ほめて下さっても、それがよぎる(笑)。本当に思ってくれているのかな」と勘ぐってしまったことを打ち明けると、奈緒も「優し過ぎて不安になることがありました」と同調。 一方、男性陣はどうだったのかという問いに、小関は「厳しかったですね~」と明かし、会場から笑いがあふれた。 また、窪塚は現場で「おいしいご飯を楽しみにしながら、『お疲れさまでした』と言う時に2回ぐらい『ごちそうさまでした』と言って帰ったことがあります」と告白。その発言に小関も「窪塚さんのつまみ食いに参加させていただきました」と仲良く料理を堪能したエピソードを披露した。 監督と同い年だという石坂は「40年以上前に、日本の映画界をなんとかしなきゃいけないという気持ちを監督から強く感じたんですけど、今回あらためてその時の気持ちを強く持ち続けていることが分かって、とても最後の作品とは思えない」と率直な思いを口にすると「最後だと、よく店じまいをうたい続けているのがありますけど、1年2年たっても店じまいだと言っていてほしい」と話し、“閉店商法”に例えて会場を笑わせた。 最後に、松本は「完成披露試写会で皆様の前でお話しできていることが幸せ。大切な人と映画館で見ていただけたら」とコメントし、イベントを締めくくった。(ザテレビジョン・取材・文・撮影=永田正雄)

【関連記事】