Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自ら手繰り寄せた「MLS複数クラブのオファー」川崎U-18出身・島崎竜、忘れ得ぬ「原点」

配信

REAL SPORTS

「アメリカ・MLS(メジャーリーグサッカー)のコロンバス・クルーからドラフト指名を受けた島崎竜が、同MLSのニューイングランド・レボリューションに加入した」との報に「??」との思いを抱いた人も多いのではないだろうか。川崎フロンターレアカデミーを経てアメリカの地に飛び立ち、現在は新型コロナウイルスの影響で帰国中の島崎が、アメリカでの現在と、そこに至るまでの道のりを語った。そこに至る「ぼくの原点」とは? (インタビュー・構成・撮影=江藤高志、写真=Revolution Communications)

島崎竜、ニューイングランド・レボリューションへ

川崎フロンターレアカデミー出身の島崎竜という選手が、アメリカ・MLS(メジャーリーグサッカー)のニューイングランド・レボリューションのセカンドチームと契約した。 第一報は2020年1月14日のこと。MLSコロンバス・クルーの公式ツイッターアカウントによるものだった。ドラフトにより、リーグ全体の59番目での指名だった旨の発表がなされた。これは26クラブが所属するMLSにおいて、3巡目での指名だったことを意味する。 矢継ぎ早のニュースは3日後の17日の第二報として伝わる。ニューイングランド・レボリューションが獲得をリリース。この件については島崎自身がツイッターにて、両チームの合意のもと、ニューイングランドのセカンドチームからプロのキャリアをスタートさせるのだと公表した。 少々わかりにくいこの件について、まずは本人に説明してもらおう。 「まず、ニューイングランドのセカンドチームと契約しました。そのあとにコロンバスからドラフト指名されたという流れです」 MLSは基本的にドラフト制をとるが、近年は各クラブによるスカウトでの獲得も並行して行われている。 「当初はコロンバスから、ドラフトの可能性を伝えられていて、でも外国人枠の問題もありどうなるかはわからないとも言われていました。結局、1月9日に行われた1巡目、2巡目のドラフトで指名はされず。その後、ニューイングランドから個別にオファーがきた形です」 ニューイングランドはこのオファーについて、1月13日に行われる3巡目、4巡目のドラフトまでに返答してほしい旨を島崎に通達。島崎は13日までに受諾の意志を伝えたという。そのため、コロンバスからのドラフト指名は寝耳に水だった。 「コロンバスからドラフトされる可能性はあったのですが、(ニューイングランドと)契約したので、それはないかなと思っていて気にしていませんでした。普通に寝ている時に連絡がきて、驚きました」 ただ両チームは円満にこの件を解決。島崎はニューイングランドのセカンドチーム所属選手としてプロのキャリアをスタートさせることとなった。すでに2月には就労ビザを取得しており、アメリカでプロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせる直前の状態だった。 努力を続けてきた結果といえるが、気になる点がないわけではない。ニューイングランドのセカンドチームの選手である限り、契約上の問題はないのだが、仮にニューイングランドでトップチームに昇格した場合、すなわちMLSの選手となると、契約上の問題が表面化する可能性があるという。 コロンバスからドラフト指名を受けたことの意味は、MLSの選手としての権利をコロンバスが持つということ。つまり島崎がニューイングランドの選手としてMLSでプレーする場合、コロンバスとの契約上の問題をクリアする必要が出てくるのだ。 ニューイングランドではすでにトップチームでの練習にも加わっていたという島崎は、今シーズン中にもトップチームデビューの可能性があった。ただしその場合、ニューイングランドのチーム内の昇格であるにもかかわらず、コロンバスに対し移籍金や違約金の形で何らかの名目の金銭が発生する可能性があるのだという。この点が障害にならなければいいのだが、島崎はそうした現状に楽観的に向き合っていた。 「なかなかめんどくさいことになっていますが、世間的な見られ方としては悪くないとも思っています。複数のクラブからオファーをもらえたということですからね」

【関連記事】