Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【浦和・プラチナC結果】ベストマッチョが2番手から押し切り人気に応える

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
netkeiba.com

 23日、浦和競馬場で行われた第3回プラチナC(3歳上・重賞・ダ1400m・1着賞金1200万円)は、2番手でレースを進めた森泰斗騎手騎乗の1番人気ベストマッチョ(セ7、川崎・佐々木仁厩舎)が、4コーナー前で先頭に立ってゴールまで押し切り、好位の後ろから脚を伸ばした4番人気インペリシャブル(牡3、川崎・高月賢一厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分26秒1(不良)。  さらに1.1/2馬身差の3着に2番人気ダノンレジーナ(牝4、浦和・小久保智厩舎)が入った。なお、3番人気エッシャー(セ6、浦和・小久保智厩舎)はダノンレジーナと2.1/2馬身差の4着に終わった。  勝ったベストマッチョは、父Macho Uno、母Encore、その父Storm Catという血統の米国産馬。通算27戦目にして待望の重賞初制覇を飾り、9月22日に浦和競馬場で行われるテレ玉杯オーバルスプリントの優先出走権を獲得した。

【関連記事】