Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「夏の甲子園」は中止でも続く道…プロ注目の高校球児たち【関東 編】

配信

ベースボールキング

◆ 注目の高校球児【関東地区】  「新型コロナウイルス」の問題により、今年は春・夏ともに甲子園大会が中止となってしまった。 ☆「夏の甲子園」で見たかった…将来有望な高校球児たち【北海道・東北 編】  それでも、6月に入って練習を再開している高校も多く、特に次のステージで野球を続けようと考えている球児は、各地の代替大会や大学・社会人チームでの練習参加など、それぞれがアピールを続けていくことになる。  プロアマ野球研究所(PABBlab)では、そんな球児たちを応援する意味も込めて、『甲子園で見たかった将来有望選手』と題して、全国の有望株を紹介していきたい。  第2回となる今回は、関東編だ。 ◆ 常総学院の右腕に注目  北関東の投手では、まず常総学院高の菊地竜雅・一條力真の右腕二人の注目度が高い。  菊地は昨年夏の茨城大会で背番号11ながら主戦として活躍。4回戦の東洋大牛久戦では最速150キロもマークしている。高校生離れしたたくましい体格のパワーピッチングが魅力だ。  一方、秋に菊地が調子を落としている間に台頭してきたのが一條。まだまだ細身で体つきは頼りないものの、長いリーチを真上から振り下ろす腕の振りが特長で、ボールの角度は素晴らしいものがある。全体的なバランスが良いのも長所だ。  昨年秋にフル回転の活躍を見せたのが、健大高崎高の大型サウスポー・下慎之介である。  スピードは130キロ台中盤がアベレージだが、スリークォーター気味の腕の振りで、サウスポーらしいボールの角度が魅力。関東大会、明治神宮大会ではしっかりと試合を作って見せた。  あとはスピードが140キロ台中盤まで上がってくれば、プロも放ってはおかないだろう。 ◆ 総合力では木更津総合・篠木健太郎  南関東と東京に目を移すと、篠木健太郎(木更津総合高)、豆田泰志(浦和実高)、森畑侑大(創価高)、松本隆之介・木下幹也(いずれも横浜高)などが有力候補となる。  総合力でNo.1と見られるのが篠木だ。  細身ながら140キロ台中盤のストレートと打者の手元で鋭く変化するスライダーを低めに集めるピッチングは安定感抜群。好調時の投球を高校生で打ち崩すのは難しいだろう。  豆田は172センチと小柄ながら、打者の手元で落ちない勢い十分のストレートが光る。昨年春の関東大会では山梨学院、夏の埼玉大会では浦和学院という強豪をほぼ完ぺきに抑え込んでいる。  森畑は都内では指折りの大型右腕。まだ細身で力強さは物足りないが、センスの良さとボールの角度が光る。  松本と木下は、下級生の頃から評判の左右の2枚看板。松本は長いリーチを柔らかく使える腕の振りが抜群で、クロスファイヤーの角度は素晴らしいものがある。木下は少し上半身が強いフォームだが、リリースの感覚が良く、コンスタントに140キロ台をマークする。柔軟性が出てくれば面白い存在だ。 ◆ 強肩強打の“捕手3人衆”もドラフト候補  捕手では、須永武志(前橋育英高)、古谷将也(成田高)、牧原巧汰(日大藤沢高)の3人が有力候補。  須永は昨年夏に2年生ながら4番として甲子園にも出場。チームは初戦敗退となったものの、レベルの高い攻守で強いインパクトを残した。フットワークの良さを生かしたスローイングとリストの強い打撃が持ち味だ。  古谷も強肩強打が光る捕手。攻守に少し粗さはあるものの、体の強さがあり鋭く引っ張る打球と伸びるセカンド送球は力強い。  牧原は森友哉(西武)を彷彿とさせる左打の強打の捕手。昨年夏の神奈川大会では3本のホームランを放ち、高い打力を見せつけた。素早いスローイングも高校生ではトップレベルだ。  捕手以外の野手でプロからの注目度が高いのが、井上朋也(花咲徳栄高)と西川僚祐(東海大相模高)の“右の強打者”たち。  井上は1年・2年と連続で夏の甲子園に出場し、3試合全てでヒットを放って見せた。  いかにもパワーのありそうな力感十分の構えだが、無駄な動きがなくシャープに振り出せるのが特長。入学当時はスイングも動きも少し硬かったが、徐々に柔らかさも出てきた。新チームからはサードにも挑戦しているが、強肩でも目立つ存在だ。  西川も1年夏から中軸を任されており、高校通算本塁打は50本以上を記録している。  体格、パワーは高校生離れしており、芯でとらえた打球は軽々とフェンスを越えていく。昨年夏の甲子園では2試合連続ノーヒットに終わるなどまだまだ脆さはあるものの、その長打力は大きな魅力だ。  また、ほかにも投げては145キロ超え、打っても抜群の長打力を誇る内田了介(埼玉栄高)は、投手・野手両面でプロからの注目度が高い好素材だ。 ▼ まだまだいる!関東地区の注目野手 ・横山陽樹(作新学院高) ・石川慧亮(青藍泰斗高) ・桜井亨佑(習志野高) ・渡辺翔大(昌平高) ・山村崇嘉(東海大相模高) ・鵜沼魁斗(東海大相模高) ・姫木陸斗(日大藤沢高) ・度会隆輝(横浜高) ・笹川吉康(横浜商高) ・小吹悠人(山梨学院高) ☆記事提供:プロアマ野球研究所

BASEBALL KING

【関連記事】