Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“天の岩戸”伝説は沖縄・伊平屋島にも 日本屈指の秘境「クマヤ洞窟」の旅

配信

CREA WEB

#198 Iheya jima伊平屋島(沖縄県)

 沖縄本島の北端の辺戸岬に佇むと、すぐそばに見える伊平屋島。緯度としては辺戸岬よりも北に位置し、沖縄県最北の有人島になります。 【画像】ビーチの達人が選ぶ! もう一度行きたい絶景ビーチBEST10  遠くからみると、三角錐の山が5~6座浮かんでいるように見える伊平屋島。かつて山と山の間は海で隔たれていたのが、数千年もの月日をかけて砂が運ばれ、島が形成されたそうです。  この島が“秘境”といわれる理由のひとつが、アクセスのハードルの高さでしょう。那覇から車で約3時間の本部半島の運天港を目指し、そこから1日2便フェリー(時期により1便)に乗って約80分。  なかなかの遠路を押して訪れる伊平屋島は、周囲約34キロの南北に細長い島に、人口は1235人(令和2年4月)。美しい自然と、ほっこりとした人々が待っています。  メインビーチは南部に位置する米崎海岸。島の中でも一番狭小なエリアで、一本道を挟んで両側に海が広がっています。  東側の米崎キャンプ場にはシャワーなどの設備があり、2キロほどのロングビーチが広がっています。沖には具志川島や伊是名島が浮かび、伊平屋島の最高峰である賀陽山がそびえています。  そしてどこまでも遠浅が広がる海では、スノーケリングやSUP(スタンドアップパドルボート)、シーカヤックなどのマリンスポーツが楽しめます。

古事記に残る「天の岩戸」伝説の舞台

 もうひとつ、伊平屋島で訪れたいビーチは、島の北端にあるクマヤ海岸。トロピカルな印象の米崎海岸に比べ、こちらには野趣あふれる自然が広がっています。  海岸の北部には県最大のクバ(ヤシの仲間のビロウ)の群生がびっしりと丘の斜面を覆いつくしています。その名も「クバ山」と呼ばれる、県指定天然記念物。  琉球舞踊の踊り手がかぶるクバ笠は、この島のクバの葉を、この島の名人が編んだものが好まれているそうです。  そして、クマヤ海岸にある「クマヤ洞窟(クマヤーガマ)」は、この島のハイライト。古事記に記されている天照大神の「天の岩戸」の伝説の舞台とされていま。  実は「天の岩戸」の舞台とされるところは、高千穂など各地にあるのですが、その最南端が伊平屋島になります。

【関連記事】