Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

荒川良々、ホラー作品で魅せる新境地 『呪怨:呪いの家』本編映像&場面写真

配信

オリコン

 Netflixで7月3日から独占配信される、「呪怨」シリーズ最新作で、シリーズ初のドラマ化となるNetflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』(全6話)の本編映像と場面写真が公開された。 【動画】『呪怨:呪いの家』本編映像  2000年にオリジナルビデオが発表されるや、背筋が凍り付くほどの恐怖を見る者に体感させた『呪怨』。劇場版シリーズは大ヒットを記録し、ハリウッド版リメイクやそのシリーズ化まで果たし世界的な人気を博した。しかし、物語はまだ終わらない。実は、「呪怨」ワールドは、実際に起きた出来事をヒントにして作られており、フィクションよりも恐ろしい、その実話を元にしているのが、『呪怨:呪いの家』だ。  今作では、シリーズを象徴する存在となった悪霊、伽椰子と俊雄の母子のモデルとなった人物や、怪奇現象などの『呪怨』でおなじみのエッセンスが全編にわたって散りばめられている。さらに、物語の舞台となる時代を再現したリアリティ、そしてキャラクターの持つ現実味や、セット、メイク、衣装などへの徹底したこだわりが、静ひつで生々しい恐怖を引き起こす。  監督は、青春群像劇『きみの鳥はうたえる』(2018年)が高い評価を受けた三宅唱氏。主役の心霊研究家・小田島役に映画やCM、大河ドラマなどで引っ張りだこの荒川良々を迎え、黒島結菜、里々佳、長村航希、岩井堂聖子、井之脇海、テイ龍進、松浦祐也、土村芳、柄本時生、仙道敦子、倉科カナらが出演する。  このたび、解禁された本編映像は、荒川が演じる心霊研究家・小田島が生々しい恐怖に包まれた「呪いの家」に踏み入れるシーン。次々と連鎖していく不穏な事件の数々が、とある一軒の家に端を発していることを突き止めた小田島は、“恐怖の元凶”ともいえるその家に足を踏み入れる。ギシギシと鳴る床を通り、二階へと続く不気味な階段を見上げるとそこには忌まわしい染みが...。それを目の当たりにした瞬間、確実にこの家で“何か”があったことを予感する小田島の様子が伺える。  さらに、この家で起きた凄惨な事件の捜査を進める刑事から「部下たちに、この家が夢にでてくるってやつがいるんですよ」と語りかけられる。「私もね、いつの間にか息をするのを忘れてしまうんです」と続ける刑事の目線の先には、べっとりと壁についた生々しい血の跡が…。そんな静ひつな恐怖に包まれる「呪いの家」を静かに見て回る小田島だったが、突如何かが割れる音に驚き振り向く。小田島が見た光景とは何なのか?  荒川といえば、唯一無二の存在感を放ち、そのコミカルなキャラクターが印象的だったが、本作では一転して、不気味な“呪い”の元凶に迫る心霊研究家というシリアスな役どころに挑戦している。次々と巻き起こる怪奇現象を淡々と追い続け、その秘密を解き明かそうと奔走する小田島。これまで見たことのない荒川の新たな魅力と確かな演技力が物語に重厚な空気感を吹き込む。  併せて、「呪いの家」を映し出した場面写真も解禁に。どのアングルから見ても薄暗く忌まわしい雰囲気が漂うとともに、何かを見て凍り付く小田島の表情が伺える。おぞましい描写の数々や息をのむような恐ろしさなどのこれまでの『呪怨』シリーズの魅力はそのままに、新たな段階へ引き上げられたドラマに世界が震撼する。

【関連記事】