Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“左足”に注目! 小祝さくらの「地面反力」を活かした効率スウィングをプロが分析

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

「ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント」で今季初優勝を挙げた小祝さくら。笹生優花とデッドヒートを繰り広げ、惜しくも2位に終わった翌週にコースレコードで優勝へと上り詰めたスウィングをプロゴルファー・中村修が解説する。 小祝さくらのドライバー連続写真はコチラから

抜群のショット力にパットが噛み合って6打差圧勝

先週の小祝選手は、所属先のホステス大会であり出身地でもある北海道で開催された「ニトリレディス」で、2戦連続優勝を狙う笹生優花とマッチプレーのような優勝争いの末、2打差で優勝を逃しました。 普段はあまり感情を表に出さない小祝選手ですが、記者会見で開口一番「一番は悔しい。パットが入らなかった」と話していたことが印象に残っています。 しかし、その1週間後には、好調のショットに加えパッティングも修正し2位に6打差をつけて見事に優勝を手にしたのだからすごい。 全英女子オープン(AIGオープン)への出場資格を得ていましたが、国内ツアーに専念することを選択し「ニトリレディス」で2位、今大会で優勝としっかりと結果を残した点も素晴らしく、悔しさをバネにツアープロとして大きく成長した姿を見せてくれたのではないでしょうか。 スタッツを見ても54ホール中45ホールパーオンして全体の2位、パット数27.67で全体の3位と3日間を通してショットとパットがかみ合っていたことがわかります。

地面反力を積極的に使うスウィング

改めてスウィングを見てみると、左右のブレが非常に少ないスウィングです。地面からの反力を積極的に使うことで回転力を得て、体の回転に伴ってフェースをターンさせるタイプですね。 その際、手先でフェースをターンさせるのではなく、下半身で作った回転力を体幹に伝え、最終的にへッドにエネルギーを集約して飛ばしています。

まず画像Aのアドレスとトップの位置を見ると、バックスウィングでの右サイドへの移動は最小限で、深い捻転のトップが取れています。

続いて画像Bは切り返しの瞬間ですが、左足のつま先に目を向けると、トップからの切り返しで左のつま先に加重されている(右写真)ことが確認できます。トップに向けて右足のかかとに加重されたものが、左のつま先に移動していくことで、このあとに見られる地面からの反力を得る動きにつながっていきます。

【関連記事】