Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

疫病退散で話題の“アマビエ”って一体何者? 妖怪研究の第一人者に聞くその正体とは #コロナとどう暮らす

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FASHION BOX

世界中で猛威をふるう「新型コロナウイルス」。その渦中で、注目を集めているのが疫病をおさめると言われる謎の妖怪“アマビエ”です。魚のような、鳥のような……その奇妙な姿は一度見たら忘れられないインパクト。でも、なんだかカワイイ!? 漫画家の水木しげる先生も描いた“アマビエ”とは一体何者なのでしょうか? 民俗学者・妖怪研究者の湯本豪一先生に伺いました。

「私を写し人々に見せよ……」妖怪アマビエの力とは?

【書き下し文】 肥後国海中え毎夜光物出ル所之役人行 見るニづの如之者現ス 私ハ海中ニ住アマビヱト申 者也 當年より六ヶ年之間諸国豊作也 併 病流行早々私ヲ写し人々ニ見セ候得と 申て海中へ入けり右ハ写シ役人より江戸え 申来ル写也 弘化三年四月中旬 ***** 【現代語訳】 肥後国(現在の熊本県)の海中に、毎夜光るものが出るので、土地の役人が視察に行った。すると図のような者が現れて、「私は、海中に住む“アマビエ”という者である。今年から六年は諸国豊作だ。しかし、病が流行したら早々に私の姿を写し、人々に見せなさい」と言って、海中へと入っていった。右は写し役人から江戸へ報告した際の写しである。 弘化三年(1846年)四月中旬

妖怪などの“異形のもの”はさまざまなジャンルに分けられるが、アマビエは実在が信じられた「幻獣」のうちの「予言獣」に分類される。人々に未来の予測を告げる予言獣には、ほかに半人半牛の姿をした「件(くだん)」や人魚のような姿の「神社姫」などがいる。いずれの伝承も江戸時代中期以降に広がっていったようだ。

水木しげるも描いた“アマビエ”。人々の心に生き続ける理由とは?

アマビエの記録は京都大学附属図書館所蔵の『新聞文庫・絵』に収録されている瓦版1件が残るのみだが、よく似た名の「アマビコ」についての伝承は各地で散見されるため、アマビエはアマビコの誤記である可能性が高い。アマビコは「あま彦」、「天彦」、「天日子」など当て字のバリエーションが多く、姿を現す場所や立地条件、姿かたちもさまざまだ。例えば、明治15年(1882年)の『郵便報知新聞』が報じた記事で触れている「あま彦」はサルに似た三本足の怪獣だ。 こうした存在について、情報源はひとつとは限らないし、そもそも真偽すら定かではない。噂が広まり、話が伝えられたり模写がくり返されたりするうちに姿を変えていったのだろう。アマビエが広く知られたのは、水木しげる氏に負うところが大きいが、水木氏も漫画家らしい創意で瓦版にはない“手”をアマビエに描き加えている。

【関連記事】