Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【MotoGP】オーストリアGPで大クラッシュのヨハン・ザルコ、右手首骨折が判明し手術へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
motorsport.com 日本版

 MotoGP第5戦オーストリアGPで発生したヨハン・ザルコ(アビンティア)とフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)の大クラッシュ。その結果、ザルコは右手首に骨折を負っていることが、後に判明した。 【ギャラリー】アレックス・マルケス、日本GP“神スケーティング”の衝撃の瞬間  クラッシュした当初、彼らは自力で歩いており両者とも擦り傷や打撲程度で済んだと思われていた。  しかしレースから一夜明けた月曜日に行なわれた検査で、ザルコは右手首の舟状骨を骨折していることが判明。その結果、ザルコは水曜日にイタリアで手術を受けることとなった。  なおザルコは今週末に行なわれる第6戦スティリアGPへ出場する意図を示している。 「骨折した骨を固定するためにネジを入れるという、典型的な手術だ」と、ザルコは語った。 「木曜日の午前中に僕はオーストリアへ戻り、週末の2レース目で走れるかどうかを確認するためにメディカルチェックを受ける予定だ」  怪我の原因となったザルコとモルビデリのクラッシュはパドック内で論争を引き起こし、多くのライダーはザルコがブレーキング中に異常なライン取りをしたことを批判している。  しかしザルコはこの動きを意図的なものではなかったと否定している。  今回のクラッシュはレーシングインデントとされ、彼に対してはペナルティなどは科されていないが、モルビデリはこれは適切ではないと考えている。  なおFIMスチュワードは当該のインシデントについて、スティリアGPを前にザルコへ聞き取りを行なう予定だ。

Lewis Duncan

【関連記事】