Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コートジボワール戦、久保建英や冨安健洋の評価は? 後半AT弾で勝利も課題は多く…【日本代表どこよりも早い採点】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フットボールチャンネル

日本代表は13日、国際親善試合でコートジボワール代表と対戦して1-0で勝利。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。 【写真で見る】一番かっこいいのは…? 日本代表歴代ユニフォーム一覧

後半ATに決勝点

【日本 1-0 コートジボワール 国際親善試合】 シュミット・ダニエル 6 被シュート数があまり多くなく。静かな時間を過ごした 室屋成 6 積極的なプレーで攻撃に厚みをもたらした。ジェルビーニョらとの1対1でも負けず 吉田麻也 6.5 空中戦でも地上戦でも強さを発揮。相手の攻撃陣をうまく封じた 冨安健洋 6.5 読みの鋭さを活かして相手に仕事を与えず。カバーリングの質も高かった 中山雄太 6 攻撃面での存在感はあまりなかったが、守備面ではペペを相手によく戦った 遠藤航 6 アグレッシブな守備で中盤に蓋をした。サイドバックのカバーも集中力高く行った 柴崎岳 5.5 とくに後半はビルドアップ面で苦労。危険なバックパスからピンチを招くシーンも 伊東純也 6 持ち味であるスピードを活かした縦突破が光った。守備での貢献度も◎ 鎌田大地 6 存在感が消えている時間帯もあった点は否めないが、とくに後半は決定機に絡むシーンが増えた 久保建英 5.5 前半開始早々にシュートを放ったが、その後はコートジボワールの守備に苦戦 鈴木武蔵 5.5 背後への抜け出しは何度か光ったものの、やはりポストプレーには物足りなさが 南野拓実 6 後半途中からの出場だったが、積極的にボールに触れ攻撃にスパイスを加えた 原口元気 6 出場時間はあまり多くなかったが、ディフェンスを積極的に行った 堂安律 - 出場時間短く採点不可 植田直通 6.5 後半ATに決勝点 森保一 5.5 後半ATの得点で勝利を掴むも、全体的にはやはり課題の方が多い

フットボールチャンネル編集部

【関連記事】