Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

D4DJ 2ndアルバムリリース記念 リレーインタビュー第3弾 Photon Maiden 出雲咲姫役・紡木吏佐

配信

エムオンプレス

DJをテーマに、アニメ、ゲーム、声優によるライブなど、様々なメディアミックスを展開するブシロードのプロジェクト「D4DJ」。その世界を彩る個性豊かな5つのDJユニット、Happy Around!、Peaky P-key、Photon Maiden、Merm4id、燐舞曲のオリジナル楽曲をまとめたCD『D4DJ 1st Album 「Direct Drive!」』が4月22日に登場、続けて新ユニットLyrical Lilyも参加した6ユニットの楽曲をまとめた『D4DJ 2nd Album 「Cosmic CoaSTAR」』が6月24日にリリースされる。 リスアニ!WEBでは、今回のアルバム2タイトルの発売に合わせて、6つのユニットそれぞれの魅力をディグするインタビュー記事を連続で掲載。第3弾は、近未来的なビジュアルとサウンドで独自の世界観を築く芸能事務所所属DJユニット・Photon Maidenより、出雲咲姫役の紡木吏佐に話を聞いた。 ――「D4DJ」にはいろんなタイプのユニットが登場しますが、そのなかでも紡木さんが所属するPhoton Maidenは、どんな特徴や魅力があるユニットだと思いますか? 紡木吏佐 私たちPhoton Maidenは、エレクトリックサウンドとクラブミュージックが融合した、バッキバキなサウンドを奏でています!ライブでは近未来感強めな衣装を着るたびに、「うぉおおおお!!!」とテンション上がっております(笑)。そして何と言っても、ダンス!!非常に激しく踊っております!ユニットごとに、それぞれの陣形が違うのですが、私たちは唯一全員ハンドマイクではなく、ヘッドセットでパフォーマンスをしています。あとは、歌詞ですね!! 圧倒的に英語が多かったり、宇宙などといった壮大な視点での歌詞が、私自身も好きで好きでたまりません!感謝! ――これまでライブ、生配信、TV番組など様々な活動を行ってきましたが、その中でいちばん印象に残っていることを教えてください。 紡木 これは……。どれもこれもすぐに思い出せるほど思い出深いのですが、やはりいちばんは“D4DJ D4 FES. -Departure-”でしょうか!初めてフルメンバーでステージに立てたライブだったので、「これがPhoton Maiden……だっ!!!」と、私自身も感動しました! ――ご自身の担当キャラを演じる機会が増えてきたかと思いますが、改めて紡木さんが演じる出雲咲姫はどんな子だと感じますか? 紡木 出雲咲姫ちゃん!!! この子はとっても面白いんです!!! 初めて出会ったときは、必要最低限のことしか話さない子と説明書きにあり、「無口で、淡白な子なのかな?」と思っていたんです。でも台本をいただくたびに、「あら、あらあらあら!?」と咲姫ちゃんのいろんな部分が見えてきて!今、彼女のことを紹介するならば、「お喋りではないけど、みんなから愛される妹気質な子!」ですね!フォトンのほかのメンバーが1つ年上ということもあり、演じる際はストレートに甘えることはできないけど、彼女なりにお姉さんたちに甘えたいニュアンスを大切にしています。そして、フォトンのセンターでもあるので、ビシッと決めるところは決める。です! ――Photon Maidenの楽曲はEDM系のアッパーなサウンドがトレードマークとなっていますが、1stアルバムの収録曲「Here’s the light」は、最初のオリジナル曲「Photon Melodies」と比べて、どんな楽曲になったと感じますか?ご自身の思う本楽曲の聴きどころをお聞かせください。 紡木 キタァア!と、初めて聴いたとき、曲の頭から一気にテンションが上がりました。1stシングルに収録されている「Photon Melodies」はその名の通り、私たちの音楽の方向性がすごくわかりやすい曲になっています。そして今回の「Here’s the light」も、これぞフォトンらしいサウンドで、一度聴くとなかなか頭から離れません!また、歌詞にも注目していただきたくて。曲中での視点の移り変わり、その速さ、そして壮大さが最高に素敵です……。さらに、前回同様に間奏が長めに作られているんです!ダンスパート、よーい、どん!ですね(笑)。ぜひライブで見ていただきたいです。 ――そして2ndアルバムに収録される新曲「“What” are you?」は、エレクトロハウス調だった前の2曲とはまた違ったアプローチの楽曲になりました。 紡木 これが、今までと全然違うんです!変化球にめちゃめちゃテンションが上がりました!前の2曲は「カッコイイ」曲だったのですが、今回の「”What” are you?」は、「可愛さ全振り!」になっております!サウンドはもちろん、歌詞も可愛くて可愛くて……。裏話としては、宇宙人が地球人に恋をした、なんて歌詞エピソードもあります!あぁ、それだけでキュンキュンします!! なので歌い方も、いつもよりキャラに近いといいますか、かなりガラッと変えて、デフォルメ気味に歌いました。「Photon Maidenは、かっこよさだけじゃなくて、可愛くもいけるんだぞ!を見せていこう!」という我らがユニット音楽プロデューサーの水島精二監督の言葉に、ノリノリでレコーディングしていました(笑)。 ――Photon Maidenは現時点で、T.M.Revolution「HOT LIMIT」、Trident「ブルー・フィールド」、L’Arc~en~Ciel「READY STEADY GO」、angela「シドニア」のカバーを披露しています。その中で特に思い入れのある楽曲を挙げるとすれば? 紡木 「HOT LIMIT」ですかね!実は、初めてレコーディングした曲が、この曲だったんです。当時はまだオリジナル曲も聴いていない状態だったので、「Photon Maidenって、見た目によらず、こんな感じの夏のアゲアゲユニット!?」なんて思っておりました(笑)。そしてまだ、キャラクターの声質も定まっていなかったので、歌い方も含めてすべて模索しながらの収録でした。 ――例えば今後、Photon Maidenの4人でどんな曲をカバーしてみたいですか? 紡木 どんな曲……!! 私個人としては、小学校4年生の頃からPerfumeさんが大好きで……!少しずつ貯めたお小遣いをはたいて、ライブDVDとか買っていました。初めてフォトンの曲を聴いたとき、どこか近しさを感じるサウンドだったので、Perfumeさんの曲をフォトンのメンバーでバキバキに踊ってカバーできたら、私が泣いて喜びます(笑)。 ――たしかにPhoton MaidenとPerfumeの楽曲は相性が良さそうです!では、Photon Maiden以外の「D4DJ」の楽曲でお気に入りのナンバーはありますか? 紡木 これは……、とんでもない質問ですね……。本当にどのユニットも強いんです!!! 強いていうのなら、Merm4idさんの「round and round」が今のイチオシです。初めて聴いたのがライブだったんですが、何を隠そう、イントロでメンバーが四つん這いのポーズからダンスが始まるんです。パフォーマンスからまず目をぐわっと持っていかれたあとの、曲もすごく良くて。台詞っぽい歌い回しのところなど、とっても癖になります! ――最後に「D4DJ」の今後の展開に向けての意気込みをどうぞ。 紡木 なんということでしょう!「D4DJ」、すでにアニメもゲームも決まっているんです!そして初期からずっと続いているライブも、今後もどんどん続いていきます!お気に入りの曲、ユニット、キャラクターと、こんなにも触れ合える機会があるプロジェクトは、私たち演者としてもありがたい限りでございます。引き続き1人でも多くの方に、「D4DJ」が愛されるよう、私も全力で歌い!踊り!演じ!DJチェケチェケ回していきます!よろしくお願い致します!! INTERVIEW & TEXT BY 北野 創(リスアニ!) ●リリース情報 D4DJ 1st Album 『Direct Drive!』 発売中 品番:BRMM-10261 価格:¥2,500+税 <CD> M1:Direct Drive!/Happy Around! 作詞:中村 航 作曲:ZAQ 編曲:ZAQ、A-bee M2:Let’s do the ‘Big-Bang!’/Peaky P-key 作詞:織田あすか(Elements Garden) 作曲:上松範康(Elements Garden) 編曲:竹田祐介(Elements Garden)) M3:Here’s the light/Photon Maiden 作詞・編曲:佐高陵平 作曲:佐藤陽介 M4:ING/Merm4id 作詞・作曲:都田和志 編曲:b4k(Ace Crew Entertainment M5:カレンデュラ/燐舞曲 作詞:eMPIRE SOUND SYSTeMS 作曲・編曲:Sho from MY FIRST STORY M6:Direct Drive! -instrumental-/Happy Around! M7:Let’s do the ‘Big-Bang!’ -instrumental-/Peaky P-key M8:Here’s the light -instrumental-/Photon Maiden M9:ING -instrumental-/Merm4id M10:カレンデュラ -instrumental-/燐舞曲 2nd Album 『Cosmic CoaSTAR』 6月24日発売 品番:BRMM-10262 価格:¥2,800+税 <CD> M1:Cosmic CoaSTAR/Happy Around! 作詞:高瀬愛虹 作曲:星銀乃丈 編曲:星銀乃丈、yuigot M2:Gonna be right/Peaky P-key 作詞:織田あすか(Elements Garden) 作曲:上松範康(Elements Garden) 編曲:竹田祐介(Elements Garden) M3:“What” are you?/Photon Maiden 作詞:佐高陵平 作曲・編曲:fu_mou M4:round and round/Merm4id 作詞・作曲:都田和志 編曲:b4k(Ace Crew Entertainment) M5:Horizontal Oath/燐舞曲 作詞・作曲・編曲:eMPIRE SOUND SYSTeMS M6:汚れっちまった悲しみの色/Lyrical Lily 作詞:中村 航 作曲:エガワヒロシ 編曲:吉田明広 M7:Cosmic CoaSTAR/Happy Around! -instrumental- M8:Gonna be right/Peaky P-key -instrumental- M9:“What” are you?/Photon Maiden -instrumental- M10:round and round/Merm4id -instrumental- M11:Horizontal Oath/燐舞曲 -instrumental- M12:汚れっちまった悲しみの色/Lyrical Lily -instrumental- (C)bushiroad All Rights Reserved. illust:やちぇ 関連リンク D4DJ公式サイトD4DJ公式Twitter

【関連記事】