Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新日本・EVIL、2冠前哨戦で内藤に勝利!石森はまたヒロムの左肩破壊

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「プロレス・新日本」(27日、後楽園ホール)  2冠王者EVILに前2冠王者の内藤哲也が挑戦するIWGPヘビー級・同インターコンチネンタル・ダブル選手権試合と王者の高橋ヒロムに石森太二が挑戦する同Jr.ヘビー級選手権試合(ともに29日、神宮球場)のダブル前哨戦がタッグ戦で行われ、EVIL、石森組が内藤、ヒロム組に勝利した。  EVILと石森はセコンド・ディック東郷の介入を利用した悪のインサイドワークで優位に試合を展開。終盤、ヒロムのショットガンドロップキックを誤爆させて内藤を排除すると、石森が痛めているヒロムの左肩を強烈な逆関節攻撃で破壊。さらにその左肩を、EVILがパイプイスで殴打し、最後はEVILでトドメを刺した。  そして試合後、リング中央でEVILとにらみ合っている内藤を、東郷が背後からワイヤーで首を絞め上げてKO。マイクを持ったEVILは「オイ、やっぱりロスインゴ(内藤率いるロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン)はクソどもの集まりだな。内藤、それから見てるヤツら、誰が正義で、誰が本物で、誰が頂点か分かったか」と勝ち誇り、「内藤、神宮でも同じ痛みを味わわせてやるからな、覚えとけ!」と返り討ちを宣言した。  バックステージではまずヒロムにダメージを与えた石森が高笑い。「ヒロム君、肩のテーピング外してたけど、どうだ、効いたか?狙う所は徹底的に狙って行くぞ。待ちに待ったヒロムとの再戦まであと2日。オレがジュニアのベルトをリボーンするまであと2日。楽しみにしてろよ」と予告した。  そして、EVILは「ヒロムがやられて、内藤が絞め落とされて誰も助けに来ないなんてのは、ロスインゴはやっぱりクソどもの集まりだな。オイ、内藤、テメエはもう崖っぷちにもいねえかも知れねえな。神宮で同じ痛い目にあわせて、3カウントきっちり聞いてもらうからな」と再度宣言した。  一方の内藤は「ニュージャパンカップを制し、バレットクラブに入り、2本のベルトを手に入れたEVIL。結果も強烈なインパクトも残したと思いますよ」と評価しながらも、「でも、注目されているのに口を開けば『返り討ちにしてやる』、『もう崖っぷちである』、そんな言葉ばかり。『よく覚えとけ』って?何回も言われてるからさ、言われなくても覚えてるよ。結局、彼は何をしたいんだろうね。何を主張したいんだろうね。ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンは腐りきっている。それを主張したいだけなの」とEVILの発言をこき下ろした。  さらに、「やっぱ、改めて思ったよ。今のEVILには2本のベルトは荷が重すぎるってね。『追い込んでやる、追い込んでやる』って言ってるけどさ、実は一番追い込まれているにはEVILじゃないの?でも、心配する必要はないよ。もうすぐオレが楽にしてやるぜ」と不敵に2冠奪回を宣言した。

【関連記事】