Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

心地よい部屋 ~HERS interior REVIEW~ case06|HERS

配信

magacol

「風の通る家」……素敵な表現ですね。料理研究家の前谷さんが、ご自宅を建てる際、建築家の方にお願いしたテーマだそうです。 心地よい部屋 ~HERS interior REVIEW~ case07をチェックする♪ そのテーマをよく感じられるのがキッチン。

キッチンの目の前には大きな窓。ナチュラルな採光はもちろんですが、目前に広がる木々が癒しになるようです。キッチンのデザインとしても、素敵な借景だと思いませんか?ここでコーヒーを飲みながら外を眺めるのが日課だとおっしゃいます。 一般的に台所といえば、窓のしつらえのないお宅も多いと思いますが、前谷さんは、ご自身が長い時間を過ごす場所として、キッチンに重きを置いているのがよくわかります。

整理収納アドバイザーの指導の下、食器類を整理したそうです。色を揃えたり、工夫をすることで棚を開けた時がすっきりした印象。 そして、ここが朝のひと時を過ごす、とっておきの場所。

午前中は光が降り注ぎ、窓からは心地よい風が抜けます。 「この暖炉は、祖父の家にあった100年近くを経たヴィンテージもの」とのことで、 朝、家族が出かけたあとは、暖炉近くで本を読んだりリラックスする時間。 前谷さんにとって、家族団欒の象徴である暖炉は、 リビングの中心に据え、家族を見渡せる存在でもあります。 火と風、光を受けられる、ある意味贅沢な場所。まさにパワースポットですね。 自分の時間を大切にするなら、かくありたいと改めて考えてしまった編集Kでした。

撮影/吉澤健太 取材/金沢由紀子 HERS2019年1月号より

【関連記事】