Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

手越祐也は“辞めジャニ”の成功者になれるか…あの赤西仁は10年の時間

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 元NEWSの手越祐也(32)がジャニーズ退所会見を開いて1週間が経過した。独自の正論を展開し、新型コロナウイルスに対する認識の甘さや、ジャニーズアーティストの活動をまったく把握していない点をワイドショーなどで指摘され、後味の悪さを残した。  ところが、会見で口にした「スピード重視」は数字となって表れており、退所報道から4日後に開いた会見をYouTube「手越祐也チャンネル」でノーカット生配信すると、ピーク時で132万人以上が視聴。2日後に会見の舞台裏をアップすると、ピーク時173万人以上が視聴。ツイッターのフォロワーはすでに126万人を超えており、「男・手越」への注目度の高さが明らかに。 「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)、「手越祐也&城彰二の『サッカーアース』」(同)へのレギュラー返り咲きは難しそうだが、元ジャニーズには早々に地上波に見切りをつけて大成した者がいる。元KAT-TUNの赤西仁(35)だ。  赤西は、ジャニーズに在籍していた10年、米ロサンゼルスでの主演舞台を成功させたのを皮切りに、全米ツアー、全米デビュー、ハリウッド映画出演まで実現。12年に女優の黒木メイサ(32)とデキ婚して、同年に女児が誕生しているが、ジャニーズとの契約が満了したのはその2年後だ。 「自由奔放ながらも世界規模で結果を残した赤西は、現役ジャニーズの道標となりました。“赤西会”と呼ばれる夜遊び仲間の錦戸亮は昨年、その背中を追うようにしてジャニーズを退所。共同プロジェクト『N/A』を立ち上げました。同じ飲み仲間の山下智久は昨年、ジャニーズ初のインスタグラマーとなり、日本人最速100万人フォロワーを記録しています」(広告代理店)  山下は、18年に中国版ツイッター「Weibo」も開設済み。先輩の木村拓哉(47)がその半年後に登録したことを考えれば、中国大陸への着眼は断然早い。  赤西の場合は14年の段階ですでに、上海で単独公演を成功させている。北京で開催された「2016爱奇艺尖叫之夜」では、日本人歌手初の「アジア人気アーティスト賞」と「年度音楽大賞」をダブルで受賞。16年には、中国発の人気ネットドラマ「真夜中のタクシー2」にもゲスト出演している。木村の知名度が「ロンバケ」で止まっている中、リアルタイムで更新されている赤西の知名度はかなりのもの。  元ジャニーズの肩書きに頼ることなく、およそ10年の時間をかけてアメリカ、中国でセールスしてきた赤西。現在は、女優の妻と2人の子どもとアメリカ暮らし。新型コロナでロックダウンするまでは、年収3億円報道が出たほどだ。  今の手越が見たいのは、“辞めジャニ”の成功者・赤西の背中かもしれない。

【関連記事】