Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

免疫の維持&アップ!「美コア」考案者が教える健康習慣

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

体温を上げ、体力づくりや免疫アップを目的とするプログラムである、「美コア」を考案者した山口絵里加さん。彼女は以前から、免疫アップのための生活習慣、食事、運動のバランス指導をしてきた。そんな山口さんに、免疫維持とアップのために必要なことを教えてもらった。どれも意識すればできることなので、ぜひこの機会に自分の体と向き合ってみて。 【写真】絶対に従ってはいけない!根拠のない健康アドバイス35

こまめに水分補給すること

「1日に1.5リットルの水を、がぶ飲みするのではなく、こまめに摂取してください。 がぶ飲みしてしまうと血液中内の栄養成分が一気に薄まってしまい、脳が錯覚を起こし発汗を促進させてしまいます。血中の栄養分が不足していないのに不足ぎみになるのを防ぐためにも、こまめな水分補給がおすすめです。 皆さんの体は多くの細胞があり、その細胞のエネルギーとなるものは酸素、水、酵素(アミノ酸)です。栄養が細胞に届かないと細胞の活動がゆっくりになり、免疫を落とすひとつの要因にもなります。それを防ぐためにも、水分は大切なのです」

体力維持は歩数計を目安にすること

「外出自粛前と変わらない体力を維持することはとても大切なことです。まずは以前から歩数を計測していた方は、なるべく自粛中もそれ以下にならないようにしていてください。体力づくりとしての目安は1万歩です。 外を歩けなくても、腕を大きく動かしたり、跳ねてみたり、自宅でトレーニングしてみたり、お掃除をすることなどでトータル1万歩を目指しましょう。以前と変わらない体力を保つためにも歩数を目安にしてみてください」

睡眠時間を決めること

「外出自粛やテレワークで考えられるのは夜と昼の逆転です。家でできてしまう事でついつい集中してしまい、脳内のアドレナリンがですぎて体が寝付きにくい状態へと陥ってしまいます。まずは、寝る時間はなるべく決めましょう。 寝る1時間前に腸内体温を少し上げるだけでも眠りにつきやすくなると言われています。ですので、就寝時間の1時間前に温かい飲み物を飲むようにしてみてください。昼と夜が逆転しないよう、朝にトレーニングやウォーキングをするのもおすすめです」

【関連記事】