Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【スプリンターズS】「差し8勝」「セントウルSの1番人気4勝」など データ的にはダノンスマッシュ好評価

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SPAIA AI競馬

差し馬、逃げ馬を組み合わせた馬券が理想

秋のGIシリーズ開幕はスプリンターズS。舞台は中山芝1200m。2角すぎから4角まで一気に駆け降りるレイアウトで、小倉芝1200mに次いで前半600mが速くなるコース。 【スプリンターズステークス 2020予想】グランアレグリア、ダノンスマッシュが登場!本命は中山連対率100%のアノ馬(京大RC編) おまけに最後の直線には急坂が待ち受け、スピードだけでは押し切れない。短距離王決定戦にふさわしき舞台だ。いつものように新潟で施行された14年を除く過去10年9回分のデータを用いて、その傾向を探っていく。 6枠【0-0-0-18】は謎としかいいようがない。4、3、4、2人気が含まれるもののほとんどがふた桁人気馬。6枠が来ない理由に合理的な説明がつかず、消しとまではいえない。 6枠以外を複勝率ベースでみると、8枠がやや落ちるものの大差はなく、好走要件に枠順が入るとは言いにくい。だが、勝率でみると4枠【4-2-0-12】勝率22.2%、5枠【2-1-0-14】勝率11.8%と真ん中ぐらいに大きな数字が並ぶ。9回中6回、4、5枠の馬が勝利しているのは気になるところ。 この“電撃戦”はわずかなポジションの差が結果を大きく左右するが、枠に逆らって大きく動く余裕やスキのない競馬になりやすい。「外枠から内側へ入る」「内枠から外側に出す」どちらも容易ではない。インで詰まるリスク、外を回るロス、どちらの可能性も低い真ん中枠は競馬がしやすいのではなかろうか。 スプリンターズSでの位置取り別成績をみると、中団【8-4-3-42】と圧倒的。9年で8度、中団からひと脚使うような馬が勝利。逃げ馬【0-3-1-5】は複勝率44.4%と、馬券の軸に向くものの勝てない。 登録にあるモズスーパーフレアは軸に最適ながら、単勝勝負は危険かもしれない。先行【1-2-3-25】はさらに冴えず、やはり中山芝1200mはスピードで押し切れる舞台ではない。 ハイペースを追走しつつ最後に差し脚を伸ばせる馬の単勝か、逃げてハイペースを粘りこめる馬を軸にするかだろう。

【関連記事】