Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<Kis-My-Ft2宮田俊哉>「劇場版BEM」で声優初挑戦 「中途半端に終わらせたくない」 憧れの水樹奈々との共演も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 人気アニメ「妖怪人間べム」の新作アニメ「BEM」の劇場版「劇場版BEM~BECOME HUMAN~」(博史池畠監督)が、10月2日に公開される。同作で、主人公のベムにそっくりな男ベルムの同僚で親友のバージェスの声優を務めるのが、人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の宮田俊哉さんだ。大のアニメ好きで知られる宮田さんは、同作で声優に初挑戦した。「本当に好きだからこそ、やるんだったら中途半端に終わらせたくなかった」と語る宮田さんに思いを聞いた。 【写真特集】キスマイ宮田が演じた「一番軽薄な男」とは… ベムに似た男、可愛いベラ、ベロも 「劇場版BEM」注目カット一挙紹介

 ◇浪川大輔のもとでレッスン 「自分を奮い立たせた」

 「妖怪人間ベム」は、醜い体ながら正義の心を持った妖怪人間のベム、ベラ、ベロが、人間から迫害されながらも、人間になることを夢見て悪と戦い、人々を救っていく物語。1968年の初放送以来、何度も再放送されてきた名作で、2006年にはリメーク版が制作されたほか、2011年には亀梨和也さん主演で実写化もされた。新作テレビアニメ「BEM」は、「妖怪人間ベム」の生誕50周年を記念して制作され、2019年7~10月に放送された。

 劇場版は、テレビアニメで描かれたリブラシティの事件から2年後が舞台。行方不明となったベムたち妖怪人間を探し続けていた刑事・ソニアは、製薬会社ドラコ・ケミカルを訪れ、一人で悪と戦い続けるベロ、普通の女の子としての暮らしを望むベラ、ベムにそっくりな姿のベルムという男と出会う。ベルムは、愛する妻と子供に囲まれた温かい家庭を築いていた。

 宮田さんは自身が演じるベルムの同僚・バージェスを「僕が演じてきた中で一番軽薄な男」と表現。実は“ある秘密”を抱えており、物語の鍵を握るキャラクターでもあるという。声優初挑戦で、作品の重要なキャラクターを演じることになり、宮田さんは「本当にアニメが好きだからこそ、俺には無理だと思った」と話す。

 「事務所の方に『やるならちゃんとレッスン受けたいです』と話しました。やるんだったら中途半端に終わらせたくない。この『劇場版BEM』という作品をちゃんといいものにしたい、僕自身が作品が『いい』と言われる要因の一つになれるぐらいやりたい。そう伝えてレッスンを受けさせてもらったんです。声優に挑戦できるうれしさもありましたが、プレッシャーの方が大きくて、レッスンをちゃんと受けないと、できる自信がなかった」

【関連記事】