Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

原英莉花は最新モデルで早速優勝! 専門家が教える失敗しないアイアン選び「3つ」のポイント

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフクラブと春と秋の年に2回、新製品が発表される。今年の秋の新製品も続々と登場しているが、ゴルフトレンドウォッチャー・コヤマカズヒロが注目したのは“アイアンのラインナップ“について。近年増えてきたというがその理由、メリットは?

ポイントは「ロフト」「許容性」「打感」

秋の新製品が続々登場しているが、ここ1、2年の傾向として感じるのは、アイアンセットのラインナップが増えているということだ。たとえばミズノなら、原英莉花が使用して日本女子オープンに勝利した「JPX921ホットメタル」のほかにも、「JPX921ホットメタル プロ」(12月発売)、「JPX921フォージド」、「JPX921ツアー」の4機種が発表されている。 この4機種だけならまだ覚えやすいのだが、同社は3月に飛び系アイアンの「JPX 200X」アイアンを発表したばかり。そして昨年は限定発売で「JPX919ツアー」と「JPX919 ホットメタル」が登場している。さらに、フィッティング前提のカスタムブランド「ミズノプロ」から、「ミズノプロ120」、「ミズノプロ520」、「ミズノプロ920」もラインナップされて人気になっているのは、よく知られているところだ。 ミズノは、店頭で完成品を販売している「JPX」とカスタム専用の「ミズノプロ」の2ブランドを展開しているという事情はあるが、実に10機種を越えようかというラインナップだ。これは同社だけではなく、他のメーカーも同様に、徐々にアイアンのラインナップが増えている傾向がある。 ピンはプロや上級者向けから、アベレージ層も使いやすいモデルまで幅広く6機種。先だって、「XフォージドCB」、「APEX MB」、そしてスライサー向けの「ビッグバーサ」アイアンが発表されたばかりのキャロウェイは、春に発表された「マーベリック」3機種を含む、7機種のアイアンがラインナップされている。 タイトリストは昨年、「T100」、「T200」、「T300」の3機種が発表されたが、それでは不足だったのか、今年に入って飛び系の「T400」と「T100S」が追加されている。 テーラーメイドは、9機種のアイアンがラインナップされている。セレクトフィットストア限定モデルとして先日発表された「P7MB」、「P7CB」のように、数量や取り扱いショップ限定で発売されているのが4機種あるのがテーラーメイドの特徴だ。流通を絞ってでも、アイアンのラインナップを増やしたいわけだ。

【関連記事】