Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元大関・豊山の内田勝男さん、東農大の後輩・正代へ「立派に成長した。基本に忠実」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 新大関・正代(28)=時津風=が正式に誕生した。日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で11月場所(同8日初日・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、満場一致で昇進を承認。秋場所で初優勝した正代は、都内の時津風部屋で行われた伝達式の口上で、誠実に最後まで貫き通す意味の「至誠一貫(しせいいっかん)」の四字熟語で決意表明した。大関誕生は今年春場所後の朝乃山(高砂)以来。来場所は2横綱3大関となる。  時津風部屋の先々代師匠で、元大関・豊山の内田勝男さんも晴れ舞台を見届けた。正代は東農大の後輩で「立派に成長した。まっとうな相撲で、基本に忠実」と目を細めた。内田さんは部屋を創設した元横綱・双葉山の弟子でもあり、口上の至誠一貫について「相撲道場の精神を感じ取ってくれている」と共感。昇進伝達式後には元双葉山の墓前に報告すると明かした。時津風部屋と東農大からは、ともに1963年初場所後の豊山以来の大関となる。

報知新聞社

【関連記事】