Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

少女の身体の未成熟さへのこだわり 台湾生まれの「Little Witch Nobeta(リトルウィッチノベタ)」オタク文化への熱き執念と愛情

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ねとらぼ

 Steamで配信されているゲーム「Little Witch Nobeta(リトルウィッチノベタ)」。アーリーアクセス版にもかかわらず、ゲーム実況者が取り上げたりファンアートが次々アップされたりと大人気(※)。発売初週世界で5万本と売上も上々。 【ゲーム画面を見る】 ※編注:日本でものすごく話題になっていますが開発元は台湾のPupuya Games  ファンが付けた通称が「ロリダークソウル」。「ダークソウル」はいわゆる「死にゲー」で、めちゃくちゃ強い敵に対して何度も死にながら対策を見いだしていくハードなアクションゲーム。「リトルウィッチノベタ」も同様に、歯ごたえのあるボスたちを倒すため難易度高めの敵に対して試行錯誤を繰り返し攻略するのが楽しいゲームです。  魔法攻撃メインだから遠くに離れていればいいのでは?と思いきや、魔力が割と頻繁に切れるため、近接で殴りにいったり、相手の攻撃をパリィしたりとリスキーな行動で回復しないといけないというシステムで、かなりゲームバランスがいい。  アクションゲーマーがこぞって腕試しをしているのが話題になった大きな要因……ではあるけど、キャラクターのロリ度への執着に引かれた人もまた多いと思う。ぼくはターニアの映像を見て即買いでした。  制作スタッフの並々ならぬ少女キャラへのこだわりと理解度の深さを探ってみます。

ロリ的要素を徹底したノベタの動きの数々

 以降、ノベタに対しての「ロリ」は、「少女らしさ」という感覚で捉えていただけると幸いです。  通常ビジュアルだけでも十分にかわいらしい魔法使いヒロイン・ノベタ。実際動かしてみると彼女がただのプレイヤーキャラクターではなく、制作スタッフによるロリ感覚をパンパンに詰め込んだキャラであることが分かるはず。 1:レバーに届かないノベタ  Twitterで話題になっていたのが、レバー操作の際身長が低くて届かないため、ノベタがジャンプしてしがみつき、体重をかけておろしていること。背が全く届いていない。身長137センチ、体重37キロだそうです。  アクションゲーム的にはなくてもいいモーションです。そもそもスイッチを低い位置におけばいいだけ。しかし制作者は、演出に徹底的にこだわりました。  このゲームでのノベタは、小さくかよわきもの、という描写が徹底しています。レバーが高い位置にあるということは、このお城でレバーを動かしていたのは自分よりはるかに背の高い存在なのも分かります。 2:筋肉が育ちきっていない感があるノベタ≫  ノベタの近接攻撃はとても大ぶり。魔法使いだから殴りは得意じゃないのがよく分かる。中でも連打コンボの最終段、大ぶりすぎてこけそうになるビジュアルはとても細かいです。避けキャンセルをすればまだましですが、死にやすいこのゲームで隙をさらすとかなりまずい。  またタメ攻撃の中には大砲型で打ち出すものもあります。このとき反動でノベタは大きくのけぞるモーションになります。  一応「筋力」というステータスはあるものの、彼女の身体は筋肉の育ちきっていない子供の動きをデフォルメしているようです。だからと言って操作しづらくなるわけではない、あくまでも演出。動きのおぼつかなさは「リトルウィッチ」なノベタの魅力になっています。 3:眠るノベタ  この作品は基本死にゲーなので、最初は何度もリスポーン地点に戻される羽目になります。セーブポイントにあたるのは女神像。  ただ復帰するわけではなく女神像の前で眠りこけていたノベタという描写で復帰します。目覚めて冒険再開。残虐さをおさえ、女の子を丁寧に描こうという意気込みが強く感じられる場面です。 4:コケるノベタ  走ったり回避行動を取り続けていると、スタミナが消費されます。スタミナがゼロになると走れなくなる…のではなく、コケる。この後敵にボコボコに殴られる、というリスク行動であることをゲームに落とし込んでいるのですが、それ以上に子供は走って疲れたらコケがちというしぐさを再現しているあたりに並々ならぬこだわりが感じられます。

【関連記事】