Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

特異な日本の難民認定率、0・25%はG7最低  ローマ教皇が訴えたかったもう一つのこと  

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 ヨハネパウロ2世以来、38年ぶりのローマ教皇来日として話題になった11月のフランシスコ訪日は、核兵器廃絶の訴えに象徴されるように、「すべてのいのちを守るため」との来日テーマに沿った倫理のあり方を問いかける旅だった。広島や長崎の訪問に比べると目立たなかったが、教皇が来日中に大切にしたイベントの一つに、日本で暮らす難民や移民たちとの交流があった。(共同通信=平野雄吾)  ▽難民申請者4人、最前列に  11月25日、東京カテドラル聖マリア大聖堂(東京都文京区)で開かれた「青年との集い」。集まった約900人の若者の中に、母国での迫害から逃れ、日本政府に保護を求める難民申請者4人の姿があり、最前列で講話を聞く4人を意識しながら、教皇は訴えた。  「数人の難民がここで私たちと一緒にいます。お願いしたいのは、友情の手を広げてひどくつらい目に遭って皆さんの国に避難してきた人々を受け入れることです」。

 だが、教皇の人道的な訴えとは裏腹に、日本政府は難民の受け入れを厳しく制限、2018年に受け入れた難民はわずか42人だ。認定率は0・25%で、欧米諸国と比べ、文字通り桁違いに低い。  多くは難民申請を認められず、在留資格のないまま不安定な立場で暮らす。4人のうちの1人で、トルコ出身のクルド人、ラマザン・ドゥルスンさん(22)が置かれた環境を見ると、この国が難民とどう向き合っているのか、その実態が浮かんでくる。  ▽父は入管施設に、描けぬ将来  「父と母は泣きながらしばらく抱き合っていました。父はそれから職員に連れられ、家族は離れ離れになったんです」  ラマザンさんは2006年10月、父(46)、母(41)、当時1歳だった弟(15)と共にトルコ・イスタンブールの空港から成田空港へ到着した。だが、入国審査官は一家の上陸を拒否し、空港の入管施設に収容。3日目、父親は家族と引き離され、東日本入国管理センター(茨城県牛久市)へ移送された。当時9歳だったラマザンさんの記憶に父との別れのシーンが焼き付いている。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS