Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ドラフト回顧・2007年】佐藤由規、中田翔、唐川侑己の「高校ビッグ3」に1巡目指名が集中

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

今年もまた、ドラフト会議が近付いてきた。1965年秋からスタートし、今年で56回目。制度をさまざまに変えながら歴史を紡いできた。ここでは2019年のドラフト会議まで、1年ごとに振り返っていく。

西武は4巡目からの参加

 2007年3月に「裏金問題」が発覚。西武のスカウトがアマ選手へ金銭授受を行っていた事件は、特待生制度や学生野球憲章の見直しへと発展し、大きな社会問題に。一連の騒動により、西武には高校生ドラフト1~3巡目の指名権はく奪のペナルティーが科せられた。  西武を除く11球団の1巡目入札は、仙台育英高・佐藤由規、大阪桐蔭高・中田翔、成田高・唐川侑己の“高校ビッグ3”に指名が集中。単独入札はなく、全球団が抽選に臨んだ。  5球団が競合した佐藤はヤクルトが、4球団の中田は日本ハムが、2球団の唐川はロッテがそれぞれ交渉権を獲得した。佐藤の5球団1巡目指名は、高校生投手としては1986年の享栄高・近藤真一(中日)と並ぶ史上最多タイ記録。高校通算87本塁打のスラッガー・中田は阪神、オリックスの在阪球団がクジを外し、北海道に渡ることに。150キロ右腕・唐川は満願成就の地元・ロッテ入りとなった。 【2007年高校生ドラフト12球団1巡目】 広島 安部友裕(福工大城東高/内野手) オリックス 丹羽将弥(岐阜城北高/外野手) ヤクルト 佐藤由規(仙台育英高/投手) 楽天 寺田龍平(札幌南高/投手 横浜 田中健二朗(常葉菊川高/投手) 西武 選択権なし 阪神 高濱卓也(横浜高/内野手) ロッテ 唐川侑己(成田高/投手) 中日 赤坂和幸(浦和学院高/投手) ソフトバンク 岩嵜翔(市船橋高/投手) 巨人 藤村大介(熊本工高/内野手) 日本ハム 中田翔(大阪桐蔭高/外野手)  抽選に外れた球団は前年までと違い、再度入札。横浜高・高濱卓也、市船橋高・岩嵜翔が2球団で競合し、阪神とソフトバンクが当たりクジ。横浜と中日が3度目の入札を行って、ようやく全球団の1巡目指名が確定した。  4巡目から参加の西武は全体28番目に最初の指名。武隈祥太(旭川工高)ら7巡目までの4人を指名した。広島3巡目には丸佳浩(千葉経済大付高)、オリックス3巡目には伊藤光(明徳義塾高)、ソフトバンク3巡目には中村晃(帝京高)がいる。 写真=BBM

週刊ベースボール

【関連記事】