Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ステイホーム中のアメリカで「虹の絵」が飾られる理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

新型コロナウイルス対策で、世界的にロックダウンや外出自粛が続いています。 アメリカ・シアトルで暮らすライターのNorikoさんに、アメリカでの「ステイホーム」中の過ごし方についてレポートしてもらいました。 「コロナ疲れ」を感じたら、ニュースから離れよう。すぐできる心身の整え方

アメリカ・シアトルのステイホーム状況。子どもたちがしていることは?

●「オンライン疲れ」を吹っ飛ばせ 新型コロナウイルス感染防止のため、自宅待機命令が5月31日まで延長されたシアトル。公立校も閉鎖となり、9月初めの新学年スタートまでの期間は通学できません。おうちにこもる子どもたちは、オンラインで受け取る教材で自学自習の日々。 働く親も同じく、日中はテレワークで自宅に缶詰めです。家族全員がずっとオンラインで座りっぱなしの毎日では、肉体的にも精神的にも疲れが溜まってしまいますよね。 シアトルは、ロックダウンが続くヨーロッパの一部やニューヨークほど厳戒態勢は取られていません。人と距離を置く「ソーシャル・ディスタンシング」は守る必要がありますが、自宅待機命令中でも近所の散歩や食料の買い出しに出かけるのは自由です。 そのため、夕方になると、近所では散歩やサイクリングに繰り出すカップルや家族の姿を見かけます。

わが家も同じく、近所の散歩を通してリフレッシュ。五感をフル稼働させ、肌で日光を、目で新緑を、鼻で季節の花々の香りを、耳で小鳥のさえずりを、口で新鮮な空気を感じ、ストレスを発散させるようにしています。 車社会のシアトルでは、なかなか近所を散歩するという習慣は持ちにくい状況でしたが、このパンデミックのおかげで知らない道を歩く楽しみができました。ちょっとした「遠足」ですね。

公園の遊具も使えなくなり、遊びに出かける場所がなくなった小学生の息子も、散歩中にいろいろな発見をして楽しんでいます。たとえば、車の通行量が減ったせいか、動物が気軽に道路に出て来ては人間をほっこりさせる、かわいいサプライズも。庭で放し飼いになっているニワトリを始め、野生のリス、ウサギ、タヌキも現れます。 また、不思議な落とし物は、いろんな想像をさせてくれます。片方だけ、ぽつんと縁石に置かれたナイキのスニーカー、消火栓の上の小さなレゴなど。息子と「どうしてここにあるのかな?」と話を膨らませています。

【関連記事】