Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

武井壮が語る「パラリンピックを一過性の祭りで終わらせないための唯一の方法」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの2020

2020年8月25日に開幕する、東京2020パラリンピック。あと2年と迫っているにもかかわらず、現状では認知度や注目度が決して高いとはいえない。パラスポーツの魅力とは何か? どうすればより多くの人にその魅力が伝わるのか? NHKの番組でパラアスリートとの真剣勝負に挑んでいる「百獣の王」武井壮さんにお話を伺いました。

実際にやってみて変わったパラスポーツに対する印象

――武井さんはさまざまなテレビ番組などの企画でパラスポーツを体験し、パラアスリートの方々と対決されていますが、実際にやってみる前と後で、パラスポーツに対する印象は変わりましたか? 武井 やってみる前は、正直、障害者の方々が楽しめるルールの中で行われるスポーツ、というイメージがありました。僕自身、身体の機能に関しては多様性があって、割とどんなスポーツでもこなせるので、正直、かなりいけるだろうと思っていたんですけど、実際にプレーしてみるとほぼ全種目でコテンパンにやられてしまって(苦笑)。パラスポーツは健常者スポーツにはないルールがあって、特定の道具を使うことも多く、それに特化した技術や能力は健常者アスリートをはるかに上回るんだ、と感じたのが一番大きな印象ですね。

――武井さんが本気で挑んでいる姿がとても印象的です。 武井 当然ですけど、僕は一切、手を抜かないと決めているので。あわよくば、本当にブッ倒してやろうと思って取り組んでます。でも、全然勝てないんですよ(笑)。ただ、それがすごく楽しくもあって。例えば、腕や脚、視覚や聴覚といった、彼らが持つことのできなかった、もしくは失ってしまった機能を、僕はフルに活かせる身体を使ってアタックして、彼らは自分たちの競技で培ってきた高い能力で立ちはだかってくる。お互いに持っているものや磨いてきたものが違う、本来なら違うフィールドで戦っている者たちが、それぞれのプライドと、持っている“宝物“を出し合って、「どっちがすごいんだ?」「俺たちの方がすごいぞ!」って、彼らも楽しんでくれていると思うし、何より僕が一番楽しませてもらっています。 障害者の方をかわいそうだと言っちゃいけないような空気があると思うんですけど、もし僕が実際に腕や脚の機能をなくしてしまったらつらいと思いますし、やっぱりかわいそうだなと思うこともあります。特に後天的に障害を持った方は、最初のうちは苦しい思いをしたという話をしてくれることも多いですし。そういう辛さは絶対ゼロではないと思うんです。だからこそ、そこを僕も感じながら、彼らの身体を見て、障害のある部位を見せてもらって、どういう苦しさがあるのかなとか、どういう不便さがあるのかなとか、街に出るとどういう影響があるのかなとか、考えながら一緒にプレーをしています。 でも、うまく言えませんが、彼らのプレーを見ていると、障害と共存というか、手を取り合ってというか、うまく対応してというか。いろいろな表現ができると思いますが、障害の代わりに新たな能力を手に入れている姿は、本当にたくましく思います。例えば車いすを自由自在に操る能力というのは、彼らが歩く機能を失った結果、本来人間が持っている以上の機能を進化させているような気がして、シンプルにリスペクトの気持ちが湧いてきます。

【関連記事】