Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中日・鈴木翔太「先発したい、したくないは置いておいて求められる所で…」1軍昇格へリリーフでのアピール誓う

配信

中日スポーツ

 中日の鈴木翔太投手(24)が14日、ナゴヤ球場での自主練習後に代表取材に応じ、1軍昇格を目指してリリーフで結果を残す覚悟を示した。  プロ7年目を迎えたドラ1右腕。これまで1軍で登板24試合中15試合に先発したが、「(今季は)リリーフのつもりでいます。先発したい、したくないは置いておいて、求められる所で結果を出していきたい」と話した。  仁村2軍監督からは「8、9回、緊張感のある場面でやらせたい」と伝えられた。その言葉通り、3月の2軍戦では8、9回に計7試合登板。3月14、15日には連投も経験した。  2018年11月には右手血行障害の手術を受けたが「僕の中では故障明けではない。チームの競争の中に入っていけるし、チャンスもあると思います。しっかりアピールして頑張ります」と力を込めた。

【関連記事】