Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【冨永 愛さん】SDGsアンバサダーとして活動中! 環境・社会問題に興味を持ったきっかけは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

私たちがキレイのために できること、知るべきこと

「MAQUIA」11月号では、みんなが安心して住める世界を築くためにできること、すべきことを徹底考察。今回は、エシカルライフスタイルSDGsアンバサダー冨永 愛さんが登場。ご自身が実践しているサスティナブルライフについて聞きました。 【写真】冨永 愛さんも登場! 憧れ美女をもっと見る

エシカルライフスタイルSDGsアンバサダーとして活動する、冨永 愛さんに聞きました

PROFILE 17歳でNYコレクションにデビューして以来、世界の第一線でトップモデルとして活躍。モデルの仕事と並行して、社会貢献の活動にも取り組んでいる。 写真/下村一喜

Q.エシカルライフスタイルSDGsアンバサダーとは?

消費者庁が主催する、SDGs関連の広報大使です 「国際目標であるSDGsを達成するために、自分ができることとして消費者庁の『エシカルライフスタイルSDGsアンバサダー』を引き受けました。ファッション以外の分野でも、今、サスティナブルな活動が動き出しているのを実感しています」

Q.どんな活動をしているのですか?

シンポジウムでのパネルディスカッションなど 「基本的には消費者庁が実施するシンポジウムやイベントに出席したり、講演をしたりしています。学生さんたちと一緒に地球の未来についてパネルディスカッションをしたり、企業の方や各自治体の代表と一緒にSDGsの周知を促す活動を行うことも」

Q.一番はじめに環境問題や社会問題に興味を持ったきっかけは?

12年前のファッションジャーナリストである生駒芳子氏との出会い 「かつてマリ・クレール誌の編集長を務めていた生駒芳子氏が2008年頃、誌面でエシカルに関する特集記事を掲載したのがきっかけで興味を持つように。同時期に国際協力NGOジョイセフとも出会い、積極的に社会貢献に携わるようになりました」

MAQUIA 11月号 取材・文/和田美穂 関本陽子 構成/火箱奈央(MAQUIA)

【関連記事】