Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Fリーグ選手の技術を直に 一関・山目Fウイングス児童ら【岩手】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
岩手日日新聞社

 日本フットサルリーグ(Fリーグ)に東北で唯一参入しているクラブ「ヴォスクオーレ仙台」によるフットサル教室は11日、一関市狐禅寺の市総合体育館で開かれ、同市のスポーツ少年団「山目Fウイングス一関」とスクール部門の児童がプレーを通じて交流した。  ヴォスクオーレ仙台の選手15人と、山目Fウイングス一関の児童31人、スクール部門の児童7人が参加。  選手は児童を低学年と高学年に分け、ボールの止め方や蹴り方などフットサルの基礎的な技術を教え、最後に試合で触れ合った。  山目Fウイングス一関主将の辻本宣思君(厳美小学校5年)は「『パラレラ』というテクニックを初めて知った。難しかった。他のチームと戦うときに生かしたい」と話した。  ヴォスクオーレ仙台には、一関市出身で山目Fウイングス一関に所属していた井上卓選手(33)がいる。新型コロナウイルスの影響でクラブの経営が厳しくなる中、井上選手の同級生でメンテナンス業「アインズ」(本社一関市赤荻)を経営する須田景太良さん(33)らがクラウドファンディングで支援した縁から、フットサル教室が実現した。  井上選手は「一関でフットサル教室を開けるとは思わなかった。僕の出身クラブなので感慨深く、本当にうれしい」と喜んでいた。

【関連記事】