Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

安易な気持ちで会社を辞めてフリーになると後悔する

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーポストWEB

 組織で活躍するか、フリーになって活躍するか──。8月6日に放送された『AbemaPrime』(AbemaTV)では、お笑いジャーナリストのたかまつななさん(27)がスタジオに生出演し、2年4か月勤めたNHKを退局したことを語った。たかまつさんは確固たる「やりたいこと」があるためフリーになる道を選んだという。同番組にコメンテーターとして出演していたネットニュース編集者でフリーランス歴19年の中川淳一郎氏が、あらためて「フリーという働き方」について考察する。 【画像】中川氏がかつて住んでいた家賃3万円のアパートの廊下

 * * *  たかまつさんは、「若者に政治に関心を持ってもらいたい」というライフワークを実現するためにNHKで働くことを選びましたが、自分がそれをNHKで達成するには10年、20年かかってしまうから辞めたと語っていました。それを「私の力不足」ともおっしゃっていましたが、謙遜でしょう。

 彼女はありあまる「本当にやりたいこと」に今すぐにでも注力するために辞めたのではないか、とご本人を前に感じました。たかまつさんのこれからの栄えあるキャリアを心から祈念します。

 しかし、たかまつさんのような決断は、誰にでもできるものではありません。たかまつさんは20代での決断でしたが、特に40歳を過ぎてそれ程の実績を挙げられていない人がフリーになることは、私はあまりおススメしません。フリーになるのであれば、20代がいいと思います。遅くても35歳ぐらいまでではないでしょうか。

 自分自身はもうすぐ47歳になりますが、なんとかフリーで生き残ってこれました。本当に「なんとか」ですし、ラッキーな出会いが複数あったことから仕事をいただけましたが、「自由な働き方」といったイメージは大間違いです。

 なにしろ、所詮は「下請け」なんですよ。世の常で商売の上流から下流に流れるにつれ、報酬は安くなっていきますし、労働基準法もあったもんではない。発注主にキチンと休みを取ってもらうべく休日もなくなるのは当たり前。さらには突然「今月で最後にしてもらいたいのですが……。コロナのこともありましてねぇ……」なんて言われてしまうこともあるのです。

【関連記事】