Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

赤井英和さん、ボクシングへの恩1000倍返しだ! しずちゃんと「どつき漫才」も!?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 日本ボクシング連盟の男子普及委員に就任した元プロボクサーで俳優の赤井英和さん(61)が25日、オンラインで記者会見した。赤井さんは、母校近大の後輩で同連盟の内田貞信会長から要請を受け「ボクシングに恩返しできるとうれしく思った」と語った。  1980年モスクワ五輪の代表候補だった赤井さんは、日本のボイコットでプロ転向。2度目の世界挑戦を控えた前哨戦で脳に重傷を負って引退した。その後、ボクシングが題材の映画「どついたるねん」で俳優デビュー。「ボクシングに出合えて今がある」という恩返しの思いは、自身も出演したドラマ「半沢直樹」の決めぜりふに似せ「1000倍返しだ!」と決めた。  今後は「アマボクシングに興味を持ってもらいたい」と知名度を生かして活動する。女子強化、普及委員には漫才師、南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代さん(41)が就いており「ボクシングを広めるために2人でどつき漫才をしようかな。やりまっせ」と明るく話した。

【関連記事】