Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

甲子園中止で語り継がれる「悲劇の世代」。 世代屈指の好投手が進路の悩みを激白

配信

webスポルティーバ

人間にとって、希望がなくなるほどつらく悲しいものはない。中京大中京のエース・高橋宏斗もそれを痛感したひとりだ。 神宮大会で輝いた3人の怪物候補  センバツ中止はショックだった。出場が決定していただけではなく、秋の明治神宮大会優勝校として、甲子園でも日本一を狙っていたからだ。同時に、「世代ナンバーワン投手」の称号を不動のものにする場でもあった。 「世の中の情勢を見て、ある程度は(中止を)覚悟していた部分はありました。何らかの形で開催してほしいというのが本音でしたけど......」  高橋はセンバツ中止が決定した3月11日のことをこう振り返る。そして、こう続けた。 「無観客でも優勝を狙おうと取り組んでいたので、中止が決定したあとは、正直、モチベーションをどう保てばいいのかわかりませんでした。2、3日は高橋(源一郎/監督)先生のミーティングも耳に入らなかったというか、気持ちの部分で切れているというのはありました」  それでも、まだ夏がある----無理やりにでも前を向く材料はあった。だが、その夏もなくなってしまえば、その先が見えない。5月20日、自宅で聞いた夏の甲子園中止のニュースは、受け入れがたいものだった。 「センバツのショックよりも、そっちのほうが大きかった。センバツが中止になった段階で、目標を夏の甲子園優勝に切り替えていたので......」

体の力が抜け、気持ちも萎えてしまった。休校になっても毎日欠かさなかった自主練習もできなかった。 「2、3日はなにもやる気が起きませんでした」  そんな高橋が休校期間中、感じたことが2つある。  ひとつは、周りに人がいることのありがたさだ。 「それまで当たり前のように仲間と会っていましたが、それが会えなくなって......仲間に会える喜びを感じさせられました」  もうひとつは、自分自身の成長だ。休校により野球部の活動は自粛。それからは個人練習になったが、この期間、高橋は充実した時間を過ごした。不規則な生活にならないよう、毎日起床から就寝までのスケジュールを立て、やるべきことをやった。  午前中は部屋にこもり、体幹トレーニングと学校の課題に勤しみ、午後は約10キロのランニングと短い距離のダッシュ。また、週に5日は兄とキャッチボールをして感覚を失わないようにした。食生活も見直し、野菜の摂取量やプロテインを飲む回数を増やした。その結果、体重は80キロから85キロになった。  さらに神宮大会の映像を見直し、投球フォームの修正にも取り組んだ。大きく変えた点は2つ。

【関連記事】