Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マスク使用者の約6割が「自分の口臭が気になる」 第一三共ヘルスケア は口ゆすぎニーズ高まると予測

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オーヴォ

 新型コロナウイルスがきっかけでマスクをする日常が普通になり、マスク生活がニューノーマル(新常態)になった。第一三共ヘルスケア(東京都中央区)は、マスク着用による口臭ケアについての意識調査を実施。6割近くが「マスク着用時に自分の口臭が気になる」と回答したとの結果を公表した。  調査は6月17日から6月19日まで、インターネットで「1日30分以上、毎日マスクを着用している全国の30代~50代の男女」に実施し、300人の回答(男性150人、女性150人)を分析した。  「マスクをしていないときに自分の口臭が気になる」という人が「気になる」「やや気になる」合わせて48・3%だったのに対し、「マスクをしているときに気になる」が、同じく合わせて57・0%で、マスク着用が口臭を意識させていることが分かった。  男女別で各150人に尋ねると、口臭が気になる女性は「しているとき」(58・7%)が「していないとき」(54・7%)がやや多かっただけだったが、男性は「しているとき」(55・3%)が「していないとき」(42・0%)と13・3ポイントも多いという結果になった。  マスクをしているときに自分の口臭が気になる人171人に聞いたところ、「口内細菌の増加が心配」(45・6%)、「虫歯や歯周病が心配」(33・3%)と、新型コロナをきっかけに口腔内の病気への不安を感じていることをうかがわせた。  一方、全体(男女計300人)の64・7%が「マスクをしていて口をゆすぎたいと思う」と回答した。「マスクをするようになって口臭ケアが大事だと感じた」(44・3%)、「今の口臭ケアに不満」(48・3%)との意識が浮かび上がり、第一三共ヘルスケアは「ニューノーマル時代は口ゆすぎのニーズが高まるのでは」とみている。  また「マスクをすることで手を抜いていることは?」という質問もした。男性は「ひげそり」「鼻毛の処理」、女性は「メーク」「UVケア(日焼け止め)」を挙げた人が多く、“身だしなみの変化”もニューノーマルになる予兆を感じさせた。

【関連記事】