Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子どもが産めず、声の低い身体に…性別を“再変更”した当事者の思い 「性同一性障害特例法」「性自認」をめぐる課題を考える

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 「身体を変えて、戸籍を変えて、男性として人と関わって、君付けで呼ばれて、男性に男性として関わられるのが、ものすごく違和感だった。それがしたかったはずだけど。本当にお恥ずかしい話だが…」 【映像】性別再変更した当事者に聞く「男性として働いて違和感があった」  心と体の性が一致しない「トランスジェンダー」。その認知度が高まるにつれて、性別を変更する人も増える傾向にある。

 一方、性別を変えた後に、「新しい性別では世間に馴染めなかった」「戻してほしいと親に頭を下げられた」「ハラスメントや差別を受けた」などの理由から、性別を再び元に戻したいと考え始める人たちもいることをご存知だろうか。アメリカでは性別変更をした人のうち、実に8%が再変更しているという調査結果もあるという。  8年前に戸籍上の性別を女性から男性に変更したヒカリさん(30代)も、望んでいたはずの男性としての生活に違和感を覚え、去年、“性別の再変更”を行った。

■2年以上をかけて戸籍上の性別を変更するも、すぐに「違和感」が

 「私は母親が若い時に初めて生まれた子どもだったので、ちょっとヒステリックになりながらも子育てを頑張っていたんだと思う。ただ、女性は子どもが生まれると“母”になり、それが第一になってしまう。そこから女の人生は男に影響を受け、全てが変わってしまう、さらに女って生き物が汚いというようなイメージを持つようになってしまった」。  幼い頃から、どこか女性にネガティブなイメージや偏見を抱いていたというヒカリさん。思春期にさしかかると、恥じらいも相まって化粧をすることはせず、ボーイッシュな格好を好んでいたという。「中学2年生くらいになると、周りの女の子はメイクを始めたり、男女交際が始まったりする。でも私は“それはちょっと違うな”、“なんか気持ち悪い”という感じがするようになった」。

 さらに20代に入り、最初の性別変更を行うきっかけが訪れる。“体は女性、性自認は男性”だというトランスジェンダー・FtM(Female to male)との出会いだ。“普通の女性としては生きにくい”という気持ちがあったヒカリさんにとって、“治療をすれば男性として暮らせるのかな”と考えるようになった。  それからホルモン療法を開始、性同一性障害の診断を受けたヒカリさんは、2年以上をかけて戸籍上の性別を男性に変更した。にも関わらず、ヒカリさんの心には“喜び”以上に“違和感”が湧き上がったという。「社会に出て2、3カ月くらいで、違和感を覚え始めた。当たり前のことだが、職場の会話などでは男性として扱われる。男の人になろうとしていたけれど、性指向は男性のみだったり、ちょっと典型的じゃないところもあるので、女性が好きなフリをしなきゃいけなかった。覚悟はしていたつもりだが、そういった基本的な部分で苦しくなってしまった」。

【関連記事】