Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“幸せ顔チーク”は レ・メルヴェイユーズ ラデュレの秋新色をチェック!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

バラの花弁で頬を染めた、かつての貴婦人のように。色とりどりのバラのブーケを思わせる限定チークをはじめ、レ・メルヴェイユーズ ラデュレの秋新色は今季も大人たちを必ず虜にするラインアップ。エレガントな色合いはもちろん、細部までこだわり抜いたアイテム、急いでチェックして! 【写真】美容プロのおすすめコスメ一覧

レ・メルヴェイユーズ ラデュレの2020秋新色のテーマは「パリ・クチュール」。モードの中心地であり、この上なくロマンティックな街・パリを通して生まれた“オートクチュール”なコレクションです。まずはいちばん大きな陶器製のポットに注目。これぞオートクチュール!な数量限定のコレクターズアイテムからご紹介しましょう。

その昔、18世紀後半を生きた貴婦人たちは本物のバラの花弁から色をとり、頬化粧を楽しんでいたとか。頬は自己表現の最高の舞台と考え、“表情美”をもたらすチークに特別な思い入れがあるレ・メルヴェイユーズ ラデュレ。そんなブランドならではのアイテムが今季も登場します。 昨年のスワンのチークもとっても愛らしかったのですが、今年は花器にいけたバラをかたどった優雅なポット。その中には、リアルなブーケを思わせるプチローズがぎっしり!

1枚1枚手作業で作られているという花弁チークは開きかたも反り具合もそれぞれ個性があり、リアルな花を見ているよう。配合されたエモリエントオイルのおかげか、触れるとびっくりするほどしっとり&なめらかで、まるで本物の花弁に触れているみたい。しかもブラシでくるくるしても、粉が散りにくい! これなら長ーくローズの形を楽しめます。香りももちろんローズ。そこにフルーツやバニラが溶け合ったパウダリーでノスタルジックな香りは、このチークのクラシカルな佇まいにぴったりです。 ブラシにとれば4つのローズの色が混ざり合い、喜びに頬を染めたかのように絶妙に発色。簡単に幸せ顔が完成します。なにより、毎朝このポットの蓋をとりチークを施す仕草を思い浮かべるだけで幸せになれることうけあいです。 リミテッド エディション ローズ ラデュレ 1種 ¥12000/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ

【関連記事】