Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【CUBERS インタビュー】非の打ちどころがない最高の楽曲が集まっている

配信

OKMusic

驚くほど凝った音楽性に満ちあふれた楽曲にニヤリとしてしまう。待望のメジャー1stアルバム『MAJOR OF CUBERS』は在日ファンクが楽曲提供した「全然今しかない」を筆頭に、思わず体が揺れる、歌いたくなる良曲がたっぷり。ボーナストラックには“オタクあるある動画”でバズった末吉9太郎のソロ曲「顔面国宝!それなー」も収録した今作について、じっくりと語ってもらった。 CUBERS インタビューのその他の写真

壁に何度もぶち当たってきたけど、全部いい思い出として振り返れる

──メジャー1stアルバムをリリースする今だからこそ言える、CUBERSの自画自賛をお願いします。 TAKA:僕たちは“友情•努力•音楽!”というテーマを掲げて活動しています。もちろん、結成してから観客が0人の無観客路上ライヴをしたりと、いろんな試練があったんですが…。 ──だいぶ先取りの無観客ライヴ! 末吉9太郎:先取りしすぎたね(笑)。 TAKA:誰も伏線が回収できないでしょ、それ(笑)。でも、そういった壁に何度もぶち当たってきたんですが、それを全部いい思い出として振り返れるくらいポジティブに乗り越えてきたので、これからもファンとのアツい関係性などをもっと打ち出していきたいと思っています。それに、楽曲にもかなりのこだわりがあるんです。今回のアルバムの収録曲もどれがリード曲になったとしてもおかしくない完成度なんですよ。非の打ちどころがない最高の楽曲が集まっている、名刺代わりにぴったりの一枚になりました。 末吉9太郎:ライヴでは歌やダンスはもちろん、優が作ってくれたコントがかなり秀逸なんです。コントはLINE LIVEのレギュラー番組内でも放送してるんですが、そこではこんなにきれいな顔立ちのTAKAがパンチの効いたアフロのかつらを被ってお母さん役をしたり! 他にもメンバーがいるのに、とびきり顔がいいTAKAがそれをやるというギャップもどんどん出していこうと思っています(笑)。 優:コントの構成・作家をやらせていただいてるのですが、誰がアフロを被ってお母さん役をしたら面白いのかというのを突き詰めたら、やっぱりTAKAだったんですよね(笑)。コントを考えるのは本当に楽しいし、面白いと思ったところでいい反応が来ると、ものすごく嬉しいんです! 末吉9太郎:それって芸人さんの答えだよね? 優:そうかも(笑)。 TAKA:あと、春斗くんがわさび入りのシュークリームを食べたり、ちょんまげのかつらを被ったりもしたよね。 ──…あまりNGがないのかな?(笑) 綾介:“CUBERS”という名前には“枠から飛び出す”という由来があるので、他のボーイズグループがカッコ良さを前に出しているのなら、僕たちは違うところも魅せていけたらいいなと思っています。 末吉9太郎:かなり破天荒だよね。100円もらえちゃうCDや、全国キャンピングカーツアーや、アプリ『Zenly』を使ってファンのみんなと渋谷で鬼ごっことか。 綾介:うん。普通ではやらないことをかなりするもんね。 優:体を張ったわりに反応が全然なくて、“これはわりに合わないな…”ということもあるよね(笑)。 末吉9太郎:うん。それも名物なので、これからもその体の張りっぷりを楽しんでもらいたいですね。 春斗:以前『いいね♡キャンプ生活』という企画があったんですよ。川の近くで本格的なキャンプを2泊3日する予定だったんですが、最終日に“明日ライヴをします”と告げられて、急遽1泊伸びて…。僕たちは帰るつもりだったので、ぶっつけ本番でライヴをするという、かなり過酷なイベントになりました(笑)。 TAKA:僕なんか、キャンプの前日まで舞浜アンフィシアターで舞台をしていたんですよ。その翌日早朝から目隠しをされて山まで行って、まったく頭が追い付きませんでした…。 末吉9太郎:マラソンもあったりしてね。 優:そう! コースも分かりづらくて一度ボイコットしたよね⁉ TAKA:スタッフさんに行けば分かるって言われたんですけど、まったく分からなくて。さすがにもうコースが違うだろうと思って戻ったら、まだまだ先がゴールだったっていう。本当にむちゃくちゃです(笑)。 末吉9太郎:いい言葉で言えば、“アトラクション型”なのかなと思います(笑)。 ──企画名の“いいね♡”というのは? 優:そこでの食料や急遽教えられたライヴで着る衣装なども全てSNSについた“いいね”の数を通貨として使って獲得するという企画だったんです。 綾介:そう言えば、キャンプでは僕とTAKAと優の3人が同じテントで寝たんですけど、端っこに寝ていた優が雨漏りを川が増水したと勘違いして“死ぬ! 死ぬ!”って大騒ぎして起きていたよね(笑)。 優:本当に命の危機を感じたんだから! マットレスを敷いていたんだけど、背中がずっとゴツゴツしていてまったく眠れなかったし、寝返りを打ったら死ぬと思っていました(笑)。 ──壮絶! 末吉9太郎:僕は春斗くんと一緒のテントだったんですが、春斗くんって普段はものすごくポンコツなのに、生きる力だけはすごいんですよ! なので、自然の中では活き活きとしていて、テントもひょいひょい作っちゃうし、マットレスも全然痛くない敷き方をしてくれたんです。この時ばかりは春斗くんと一緒で良かったって思いました。 春斗:えっ、この時だけ? 末吉9太郎:(ニコっ)

最終更新:
OKMusic