Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

目に涙を溜めた永野芽郁も、特攻服の“ヤンキー”新垣結衣も…“可愛さ”で固められていた「親バカ青春白書」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

ムロツヨシが主演を務める「親バカ青春白書」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)の第7話(最終話)が、9月13日(日)に放送された。ザテレビジョンでは「親バカ青春白書」の第1話放送終了後に「ガッキー、永野芽郁、今田美桜…“大学生”ムロの周りに“可愛い”大集合でトレンド入り!」という記事を掲載したのだが、大学生の青春を描くこのドラマは、終始、“可愛い”登場人物たちによって生まれた「平和で優しい世界」だった。(以下、ネタバレが含まれます) 【写真を見る】衝撃!ガッキーの金髪&特攻服“ヤンキー”姿…! ■ 親バカな父が、娘と娘の友人たちと送る“青春コメディ” 「親バカ青春白書」は、同じ大学に通う父娘と友人たちが送る青春ホームコメディ。ムロ演じる小説家の小比賀太郎(通称“ガタロー”)が、最愛の妻・幸子(新垣結衣)を亡くし、男手一つで育てた愛娘・さくら(永野芽郁)への愛情を爆発させながら、キャンパスライフを満喫する物語である。 さくらの友人たちには、さくらが恋する“鈍感”彼氏のハタケ(中川大志)、男を見る目がない美人の寛子(今田美桜)、ガタローに恋をしてしまった元ヤンの美咲(小野花梨)、Youtuberの根来(戸塚純貴)がいる。 娘の青春を邪魔してばかりの“親バカ”な父による少しウザめのストーリーかと思いきや、実際には友達と一緒に青春してしまうガタローが、おっさんであるにも関わらずたまらなくキュートで、「こんな大学生活だったらいいなぁ」と感じた人も多かったのではないだろうか。 ■ ガタローの妻・幸子は“元ヤン”だった! 最終話もこれまでと変わらず、彼らの日常が描かれた。 毎回、ガタローの周囲にはほんの少しの事件が起きるわけだが、最終話では、美咲がガタローへの恋心を爆発させ、お酒を飲んでキスしたことで仲間内のバランスが崩れてしまった。 さくらは父に新しい恋人ができてしまうことを恐れ、美咲に複雑な思いを抱いて冷たい態度をとってしまう。故郷からやって来たガタローの母・多恵(高畑淳子)に相談すると、亡き母・幸子が美咲と同じ“元ヤンキー”であったことを知り驚くのだった。 ガタローの部屋で、美咲はガタローに抱きついて好意を告白。しかしガタローは「ずっと好きな人がいるんだよね」と、幸子への気持ちを告げた。部屋から出てきた美咲の失恋を察したさくらは、目に涙を浮かべて「ごめん…」と繰り返した。 ■ 主演のムロ「続きやる」と意欲 「親バカ青春白書」を最後まで見続けた視聴者にとって、このドラマの魅力は何だったのだろう。若者たちとガタローのコミカルなやりとりはもちろん、心をつかんだのは、登場人物たちのそこはかとない“可愛さ”だったのではないか。 ガタローの娘を演じた永野芽郁が、父の親バカさ加減に気付いたあともニコニコと父を受け入れるいい娘であったし、中川大志が演じたハタケの頼りない性格も可愛かった。いまやドラマやCMに引っ張りだこの今田美桜が等身大の大学生を演じたら本当にキュートそのものであったし、小野花梨と戸塚純貴の魅力をこの作品で知り、今後の活躍が気になった人もいるだろう。 幸子が特攻服を着た“元ヤン”姿の新垣結衣ですら可愛く登場し、「親バカ青春白書」というドラマは、温かく平和な世界が描かれていた。第7話で終わってしまったのは残念だが、ムロツヨシはTwitterで「続きやる、やります(^^) 親バカ青春白書 続編決定! こんな嘘ニュースを流す男になりました みてて、ください」と続編への意欲を見せている。作品のファンになった人は、その日を待ってみてもいいかもしれない。(文=ザテレビジョン ドラマ部)(ザテレビジョン)

【関連記事】