Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

VTuberグループ「ホロライブ」運営会社、ゲーム実況等の著作権問題浮上で謝罪

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
KAI-YOU.net

バーチャルYouTuber(VTuber)の事務所「ホロライブプロダクション」に所属するVTuberが、動画の投稿・配信に際して著作権を侵害していた可能性があることが判明した。 【写真】「ホロライブ」のLIVEステージ この件を受けて、「ホロライブプロダクション」を運営するカバー株式会社が、公式サイトで声明を発表し、謝罪を行った。 現在、公開されていた多くの動画が削除、または非公開の状態となっている。

任天堂のガイドライン更新がきっかけ

この件は、6月1日に、任天堂が自社の著作物利用に関するガイドラインを更新したのが騒動のきっかけ。 この更新でUUUM株式会社(吉本興業所属を含む)、株式会社ソニー・ミュージックマーケティング、株式会社東京産業新聞社(ガジェット通信)、いちから株式会社の4社については契約を締結しており、ガイドラインに沿えば、任天堂の著作物を利用した投稿に問題はないと明示(外部リンク)。 もともとガイドラインに従えば、個人による任天堂の著作物を使用したゲーム実況の実施・収益化は問題にされなかったが、法人はその対象外とされていた。 そのため上記4社以外の法人における任天堂の著作物利用は、著作権の侵害にあたることが暗に示されたことになる。 このいわゆる「法人枠」にカバー社の名前がなかったことで、「ホロライブプロダクション」所属のVTuberが投稿している動画について「著作権侵害では?」という疑念がファンらから浮上。 6月5日のカバー社による声明発表につながることになった。

所属のVTuberが続々とアーカイブを非公開に

現在「ホロライブプロダクション」所属のVTuberが、相次いで投稿のアーカイブを非公開化。 それぞれのTwitterなどで状況の説明を行っている。

Yuuki Honda

【関連記事】