Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リバプール、DFマティプは約1ヶ月離脱へ。昨季から相次ぐ負傷に苦しむ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フットボールチャンネル

 リバプールのカメルーン代表DFジョエル・マティプは、負傷のため1ヶ月ほどの離脱を強いられる見通しとなった。英紙『リバプール・エコー』などが伝えている。 【画像】リバプール 20/21シーズン基本フォーメーション  今季プレミアリーグ開幕戦のリーズ・ユナイテッド戦には終了間際に交代出場していたマティプだが、20日に行われた第2節のチェルシー戦は欠場。開幕戦にフル出場だったジョー・ゴメスも欠場し、チェルシー戦ではファビーニョが最終ラインに下がってフィルジル・ファン・ダイクとCBコンビを組んだ。  ゴメスもコンディションの問題による欠場だが、すぐにも復帰できる見通しだとユルゲン・クロップ監督は説明。「ジョーは大丈夫ははずだ。大きなものではない。明日にはもう大丈夫かもしれない」とコメントしている。  だが一方で、マティプはしばらく離脱することになる。「ジョエルは少し違う。最悪というわけではないが、2、3週間、おそらくはインターナショナルブレーク明けにはまた準備ができているだろう」とクロップ監督。次節のアーセナル戦やアストン・ビラ戦には出場できず、おそらくは10月17日のエバートン戦以降の復帰になるという見通しを示した。  マティプは昨季も負傷に苦しめられるシーズンを過ごした。序盤戦はレギュラーとしてプレーしたが10月に離脱し、復帰後にも再び負傷。年間で公式戦13試合の出場にとどまっていた。

フットボールチャンネル編集部

【関連記事】