Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

紆余曲折を乗り越えてB1昇格、広島ドラゴンフライズの朝山正悟「みんなで喜ぶ瞬間はもう一つ先」

配信

バスケット・カウント

「ようやくつかんだ昇格が、イメージとはだいぶ違う」

文=鈴木健一郎 写真=B.LEAGUE 広島ドラゴンフライズは、悲願だったB1昇格を果たした。ただし、それはポストシーズンを戦うことなく、シーズン中断とそれに伴う裁定によりもたらされたもの。新型コロナウイルスの影響があり、昇格決定の瞬間をチームとファンで共有することもできなかった。チーム創設2年目に加入し、キャプテンとして、時には選手兼任のヘッドコーチまで務めて広島をB1に引き上げるべく全力を尽くした朝山正悟は、この昇格をどんな気持ちで受け止め、新シーズンの戦いにどう思いを馳せているのだろうか。 ──新型コロナウイルスの影響によりシーズンは中止となりました。チームは好調で最後までやりたかったとは思いますが、プレーオフで負けるリスクも現実的にはあるわけで、とにかく昇格という目標は果たした形です。今回の昇格をどう受け止めますか。 僕は最後までやりたかったです。今シーズンはもともといる選手に加えて大型補強を行い、B2で結果を残すことを求められるチームでしたし、試合を重ねる中で「今シーズンは行ける」という実感、ここから終盤に向けてもっと上がっていく感覚がありました。結果としては信州ブレイブウォリアーズさんと勝率で並び、得失点差で2位だったんですけど、信州さんとは開幕で2試合やっただけなんです。プレーオフで戦うチャンスがあると思っていたし、そこでシーズン中にどれだけ成長したかをお互いに見せられると考えていました。だから、途中で終わってしまったことは今もショックですね。 ──シーズン中止決定の後、昇格が正式に決まるまではライセンス審査の結果待ちでした。昇格が決まった時の印象は?  待つ間は毎日どうなるんだろうと不安でした。昇格が決まった時も、たくさんの方からお祝いのメッセージをいただいたり反響は大きかったんですけど、ここまで本当にいろいろあって、ようやくつかんだこの昇格が、イメージとはだいぶ違うな、と(笑)。あのタイミングで西地区優勝がもう決まっていて、あとは勝率1位を目指すというところで、最後はずっと連勝していました。シーズン終わりまで良い形で行って、プレーオフのホームコート開催を決めて、そこでファンの皆さんも含めて全員で喜びの瞬間を分かち合う。そんなイメージを思い描いて、追い求めていたところがありました。 だからまさかこういう形になるとは思っていなかったし、この状況でみんなでお祝いするわけにもいかないので。決まってから3日ぐらいは慌ただしかったですけど、そのままサーッと終わった感じです(笑)。 ──広島に来て5年、「ここまで本当にいろいろあって」の部分を聞かせてください。2015年に加入を決めたのは、ヘッドコーチだった佐古賢一さんの影響が大きいと思いますが、2部でプレーするつもりはなかった。つまり、この時点でいずれ始まるBリーグでB2に振り分けられることは決まっていませんでしたよね?  決まっていません。自分自身としても広島が6チーム目で、自分のキャリアを考えた時に佐古さんの下でやりたいという気持ちが大きかったです。アイシンで一緒にプレーさせてもらった時に感じたこと、プライベートで一緒だった時に感じたことが大きくて、その佐古さんがコーチになってどんなバスケットをやるのか、そこに興味を持ったのが一つありました。もう一つは僕自身にいつかコーチをやりたい気持ちがあって、そのために良い経験ができると思いました。

【関連記事】