Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

文在寅、“公正な採用を”と指摘「アイドルオーディション番組」が就職先になる絶望の韓国

配信

デイリー新潮

日本版も作られた番組プロデューサーの犯罪から

 韓国はいまだに賄賂や不正がまかり通る社会だ。その背景には、「超勝ち組以外は全部負け組」という苛烈な競争社会が横たわっている。競う場は収入や学歴だけではない。アイドルオーディション番組でさえ有力な就職先になり、それが国会でも取り上げられたというのだ。 【画像】「コロナで西洋の時代が終わる」と小躍りする韓国人、それを手玉にとる中国人 ***

 5月29日、韓国・ソウル中央地裁で開かれていた注目の裁判で判決が言い渡された。被告人は詐欺などの疑いで逮捕されていたテレビ番組「PRODUCE X 101」の制作プロデューサーら。2019年には、ナインティナインの司会で、TBSが〝日本版〟を製作するにいたった人気番組だ。  韓国の音楽専門チャンネル「Mnet」が製作したPRODUCE 101」は、2016年にシーズン1を放送。さまざまな芸能事務所に所属する101人の練習生が〝サバイバルオーディション〟に参加し、最終的に勝ち残った11人がアイドルグループ「I.O.I」としてデビュー。アジアを中心に世界的な人気を博し、2019年5月から7月まで放送された「PRODUCE X 101」はシリーズの第4弾だった。  韓国の芸能記者に解説してもらうと、 「韓国には『SMエンターテインメント』『YGエンターテインメント』『JYPエンターテインメント』と大手の芸能事務所が3つある。『SM』には東方神起、『YG』にはBIGBANG、『JYP』にはTWICEらが所属しています。『PRODUCE101』が成功したのは、これら大手3社の事務所に所属しなくとも、トップアイドルとしてデビューできるかもしれないという期待感があったからです」  裏返せば、韓国芸能界において、この「ビッグ3」のカベは高く険しいものだということになる。  ともあれ、話を戻すと、オーディションは視聴者による投票で行われ、有料メールに登録すれば、自分の〝推しメン〟に投票することができる。コネによる不正が横行してきた韓国では、この一見公平でクリーンな芸能オーディションが人気を博するのは当然の成り行きだったといえよう。しかし……。 「案の定、不正は行われていたわけです(笑)。有料メールの会員を募って投票させたにもかかわらず、オーディション結果はプロデューサーらによって操作されていた。これによりプロデューサーらは詐欺罪で逮捕・起訴されるに至ったのです」

【関連記事】