Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今日は6月6日! 世界で最も市場価値の高い背番号「6」&「66」は?

配信

SOCCER KING

 今日は6月6日。そこで今回は、サッカー界で背番号「6」、及び「66」をつける選手のうち、移籍情報サイト『transfermarkt』が算出する市場価値の最も高い選手トップ10を紹介する。 ※以下、情報はすべて6月5日時点のもの ※日本円は6月5日時点のレートで換算 ※カッコ内は(所属クラブ/国籍/背番号/現年齢) [写真]=Getty Images ▼10位 3050万ユーロ(約38億円)

ルベン・ディアス

(ベンフィカ/ポルトガル/6番/23歳) ポルトガルの希望の星であり、バルセロナやマンチェスター・Cが関心を抱いているという若手センターバック。ベンフィカの下部組織出身で、トップチームデビュー当時は「66番」を着用していた。ちなみにベンフィカの6番と言えば、現在、韓国代表を率いるパウロ・ベント監督が現役時代に着用した番号でもある。 ▼9位 4050万ユーロ(約50億円)

イブライマ・コナテ

(ライプツィヒ/フランス/6番/21歳) 今回、最年少でトップ10入りを果たしたコナテ。今季は負傷の影響で8試合の出場にとどまっているが、強さ、速さ、巧さの三拍子揃ったセンターバックとして評価は高い。チームメイトで同胞のDFダヨ・ウパメカノ(背番号5/21歳)と共に東京オリンピック世代であり、来年の来日が期待される。 ▼8位 4400万ユーロ(約54億円)

ドニー・ファン・デ・ベーク

(アヤックス/オランダ/6番/23歳) 昨季のチャンピオンズリーグ(CL)でブレイクし、市場価値はここ1年あまりで3倍以上もアップ。コロナ禍で評価額は多少下がったものの、エールディビジ最高額となる4400万ユーロの値をつけている。今夏の移籍が確実視されており、争奪戦は必至。彼を射止めるのはどのクラブになるのか目が離せない。 ▼7位タイ 4800万ユーロ(約59億円)

チアゴ・アルカンタラ

(バイエルン/スペイン/6番/29歳) 2013年にバルセロナからバイエルンに移籍して以降、着実にレベルアップを果たし、名実ともにブンデスリーガ屈指の司令塔となった。そんな中、一部のドイツメディアはスペインへの復帰を検討していると報道。古巣の「6番」は現在、空き番号となっており、復帰の可能性もゼロとは言えないだろう。20代最後の夏にどんな決断を下すのだろうか。

【関連記事】