Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大西康之/「赤字1兆円」孫正義は生き残れるか? 〈ウィー、ウーバー、OYO……62歳で泥沼にはまった〉――文藝春秋特選記事【全文公開】

配信

文春オンライン

 4月13日、ソフトバンクグループ(SBG)は2020年3月期の営業利益が1兆3500億円の赤字になる見通しを発表した。実は、この巨額赤字が明らかになる1カ月ほど前から、孫正義会長兼社長は、ヘッジファンドの猛攻にさらされ、窮地に追い込まれていた。  2月12日に5751円の年初来高値を記録したSBG株は、わずか1カ月後の3月19日には2687円と半値以下まで暴落した。ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)による相次ぐ投資の失敗が原因だが、「早晩、SBGは資金繰りに詰まる」と読んだヘッジファンドが、大量の空売りを仕掛けたためでもあった。  孫氏は昨年来、投資の失敗を指摘されるたびに「SBGには20兆円を超える株主価値がある」と大見得を切ってきた。株主価値とは株式時価総額をベースにして、株式市場や評価機関が「仮に売るとしたらこの程度の価値がある」と算定した数字だ。実際に現金が手元にあるわけではなく、保有している中国ネット大手アリババ・グループの株などが「売れたら」の話である。  しかし現実にそんな額の株を売ろうとすれば、たちまちアリババ株は大暴落をしてしまう。ヘッジファンドは「売れるはずがない」と読み、「売れるものなら売ってみろ」とSBG株暴落に張ったのだ。  孫氏は受けて立った。株価暴落の4日後、アリババ株など4.5兆円分の資産を売却し、2兆円規模で自社株買いをする型破りの株価防衛策を発表した。「張り子の虎」だと思っていた保有株は、「本物の虎」かもしれない――孫氏の気迫に恐れをなしたヘッジファンドは這々の体で退散し、SBGの株価はたちまち4000円台まで回復した。

本文:7,326文字

写真:2

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込330
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

大西 康之/文藝春秋 2020年6月号

文春オンラインの有料記事

PayPay残高使えます