Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神矢野監督と審判の口論で、審判側が謝罪「試合がスムーズに流れなかった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 26日のヤクルト戦(神宮)で外部からの情報伝達疑惑を指摘された阪神・矢野燿大監督が審判団と口論に発展した問題で、審判団が27日、試合進行を遅らせたことについて阪神に謝罪した。 【写真】鬼の形相で審判団に猛反論した矢野監督  27日の試合開始直前、メンバー交換の際に責任審判の森審判が脱帽して頭を下げた。同日、阪神側と話し合ったセ・リーグ杵渕和秀統括は「(試合が)スムーズに流れなかったというところをお詫びしました。お詫びというのはどちらが良い、悪いとかではなくて、審判のやり取りを通じて試合があれだけ止まった」と明かした。  続けて、「全くそういうサイン盗みとか、そういうことは誰も疑っていないんだと。NPBサイドは」と強調。阪神側や当該記者に事情聴取したことを明かしたうえで、「昨日も矢野監督から言い寄って『これで終わりにしましょうね』と終わっているので。私と審判長もNPBとしてのケジメということで今日、改めてお話させて頂いた。今日、これで終わりということにさせて頂ければと思います」とした。  問題の場面があったのは七回表。本塁クロスプレーの判定を巡るリプレー検証中、次打者近本と井上コーチが記者席にいた報道陣とコンタクトをとったように見え、審判団が情報伝達の疑惑を持った。そしてこれを八回表に矢野監督に指摘、疑われるような行動をしないよう通達。これに矢野監督が反論し、試合が約6分も中断する騒動に発展した。  セーフかアウトか、杵渕統括は開いていた窓から聞こえた記者の声に近本が「反応したんだろう」と説明。当該記者からも「決して、近本選手に『セーフですよ』と伝達するつもりでなかったことは先ほどお聞きして」と、明かした。  前日の試合後、矢野監督は「(審判側の気持ちも)理解しているんだけど、こちら側のことでは、それが何か試合に影響するような外部の情報でもないし、何か俺らがズルすることなんかないわけよ」と主張していた。

【関連記事】