Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大倉忠義は「わかりやすくない人」成田凌と“男性同士の恋愛”をリアルに演じる<窮鼠はチーズの夢を見る>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

8月26日(水)、映画「窮鼠はチーズの夢を見る」(9月11日[金]より全国公開)の夏休み限定イベントが東京・スペースFS汐留で行われ、大倉忠義(関ジャニ∞)と成田凌、監督の行定勲が登壇した。 【写真を見る】大倉忠義は、役柄と同じく「わかりやすくない人。『奥底がまだあるでしょう』という感じ」 本作は、水城せとなの人気コミックを映画化したボーイズラブ作品。受け身の恋愛を繰り返してきた主人公・大伴恭一を大倉が、恭一に思いを寄せ続ける学生時代の後輩・今ヶ瀬渉を成田が演じる。 それぞれ黒と白のスーツで登場した大倉と成田は、行定監督とともに作品への思いや、劇中に登場するシーンのウラ話について語った。 作品が完成し、「手ごたえのある映画ができている」と確信したという行定監督。「これはBLとかLGBTQを言及している映画ではなく、“1人の人間が1人の人間を好きで、男が男と向き合い受け入れられるのか”そのプロセスを丹念に描いている」作品だとコメント。 また、本作を鑑賞するにあたり「特に男はニヤニヤすると思う。間違いなく僕がそうですから」と話した。 ■ 大倉忠義は「わかりやすくない人」 男性同士の恋愛を描いた本作。これまでにない役柄について、「脚本を読んでも、そこまで不思議に思うということはなかったです」(大倉)「僕も(内容が)スッと入ってきました。まっすぐな作品だなと思いましたし、どうやって役を作っていこうかなとワクワクしたのを覚えています」(成田)と、すぐに受け入れられたことを明かした。 劇中では、“年下男子”の今ヶ瀬が、恭一に対して“いじらしい仕草や表情”を見せるシーンが多々登場する。なかでも印象的なものとして、成田の見せる“恭一に対してのウルウル目”が話題に。 行定監督は「(成田の表情をそうさせた要因として)大倉忠義の存在もあると思う。大倉くんは“わかりやすくない人”。明確に何かを示すというより、『奥底がまだあるでしょう』という感じ。劇中では、今ヶ瀬が、そんな恭一にいじらしく突っ込んでいこうとする。そこが2人のキャスティングがあっていたところ」と述べ、「俳優っていうのは本質的な自分の感情っていうの持ち合わせているから、だんだん気持ちが解放されていくと、成田の目が潤んでいくんですよね」と明かした。 ■ 耳かきシーンを振り返り… 話題は、劇中で今ヶ瀬(成田)が恭一(大倉)に耳かきをするシーンの話に。 自由演技のワンカットでおこなわれたというこの場面について、大倉が「気持ちよかったです。(成田が)めちゃめちゃ怖がって優しくやってくれた」と話すと、成田は「怖いですよ!やったことないですもん。最初に“さわーっ”てやって、くすぐったいって言われたの覚えてます(笑)」と言い、「1番疲れたシーンなんじゃないかな」と振り返った。 また、行定監督は「あれが男女のシーンだったら、“何が生まれるの?”ってなるので、カットしてる部分だと思うんですよ。でも、男同士のラブストーリーだから恋の入り口やプロセスが丁寧に描かれる。テレビを見ながらポテトチップスを食べて、頭を触るシーンにしても、男同士だとこうも違うんだ。男同士っていいなぁって現場で言ってました」とコメント。 成田もこれに同意し、「男同士だと言わなくてもいい言わなくても伝わってるっていうことが多いのはありますね」と、“男性同士ならでは”の空気感や居心地の良さについて感想を述べた。 ■ 「想像しているよりも面白く、リアリティを感じながら見られる作品」 最後に、大倉は「役が男性と男性なだけで、きれいなシーンもいっぱいあって、すごくピュアなラブストーリー。色んなものを見つめ直すこの状況下で、この映画が公開されることが喜ばしい。自分にとって幸せなことですね」とコメント。 成田は「(本作を鑑賞した)みんなの意見がそれぞれ違う。見終わった後に『すごく話したい』と言ってくれる人が多いんです。人の数だけ見方があるし、それぞれ恋愛のカタチがあって当たり前。他人事じゃなく見ることができる」と魅力をアピールした。 行定監督も「“登場人物たちの気持ちを観客に分かって欲しい”って思わせる脚本が多い中、この作品は登場人物たちが無自覚。みんな気持ちをかけ違って、すれ違うけれど向き合う瞬間があります」と話し、「真実味をもって見てくださっている方の反応がたくさんあります。想像しているよりも面白く、リアリティを感じながら見られる作品なので、参加型の映画になっています」と伝えた。(ザテレビジョン)

【関連記事】