Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「人見知り散歩」になる理由【穴澤賢の犬のはなし】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
いぬのきもち WEB MAGAZINE

散歩中に立ち止まって談笑している飼い主さんをよく見かける。お互いが連れている犬は仲良く遊んでいたり、暇そうに座って待っていることもあるが、結構長いこと話している。きっと動物病院のこととか、近所の噂とか、情報交換をしているのだろう。けれど私がそういう場に加わることは、ない。

犬連れを見かけたとき、どうする?

いつも散歩している腰越の砂浜は、近所の人だけではなく、どこかから遊びに来た犬連れの人も多くいる。いつもは見かけない犬だからすぐに分かる。そういう犬は、たいてい海と砂浜にテンションがあがってはしゃいでいる。 飼い主も犬連れを見つけると、遊び相手になるかもとこちらに興味を示したり、近づいてくるのを待っていたりする。そういうとき、私は進路を変えてなるべく関わらないようにする。それはなぜか。

犬連れを避ける理由は?

たしかに私は人見知りだ。しかし大人だからいつも会う顔見知りの人とはあいさつくらいするし、大吉もフレンドリーに犬と挨拶できる。飼い主にもしっぽを振って愛想を振りまいたりする。原因は、福助なのだ。イヌミシラーだからではない。今ではけんかごしに威かくすることもほとんどない。 問題は「ウンチモード」だ。以前にも書いたことがあるが、福助のウンチモードはとても繊細だ。大吉はしたかったらするが、福助はウンチモードに入ってからウンチをするまでに一定の時間がかかる。モードに入ったかどうかは、歩くペースが早くなったり、リードを引く力で分かる。

繊細な福助のために

けれどモードは、大きな音がした、人が多い、犬が近づいてきた、など些細なことで解除される。何が気に入らないのか知らないが、散々歩き回ったあげく解除されることもある。長年の経験から、解除されたことも分かる。そういうとき、振り返って「なんで?」という視線を投げかけてくることがあるが、心の底から「知らんわ」と思う。 ウンチしたかったらすればいいだけなのに、なぜ前段階があり、場所、風景、その他諸々の条件が合致したときにするのか、意味が分からない。しかも毎回同じ場所ではないから、彼の中での条件が揃うのをひたすら待つしかない。そのため、福助がモードに入ると私は心を無にして、引っ張られるままただ後を付いていく。

【関連記事】