Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

海上自衛隊で最多使用の艦名「くろしお」 旧日本海軍では駆逐艦 戦後は民間潜水艇にも

配信

乗りものニュース

旧日本海軍「黒潮」はわずか3年で海没

 海上自衛隊において、旧日本海軍の艦艇と同名の自衛艦は数多く存在します。史上最大の護衛艦「いずも」ならびに「かが」を筆頭に、イージス護衛艦の「こんごう」や「あたご」、汎用護衛艦の「むらさめ」や「あさひ」なども、旧日本海軍に同名の艦がありました。 【写真】旧海軍の駆逐艦「黒潮」よりヘビー おやしお型潜水艦の4代目「くろしお」  特に「あたご」や「むらさめ」、「ありあけ」などは、旧日本海軍と海上自衛隊合わせて2020年現在までに4度も艦艇名に使用されています。それぞれ初代、2代目……などと俗称され、4代を数える艦艇はほかにもいくつかありますが、なかでも特徴的なのは「くろしお」でしょう。  4回も使われた艦名のなかで「くろしお」や「あさしお」は水上戦闘艦と潜水艦の両方で使われています。しかも「くろしお」は、海上自衛隊の艦艇名称に限った場合、いちばん多く使われた艦名、つまり最も多く代を重ねた艦名になるのです。なお旧日本海軍では艦名は漢字でしたが、海上自衛隊では艦名はひらがな表記になっています。  初代「黒潮」は旧日本海軍の駆逐艦です。旧日本海軍では、艦名は漢字表記でした。同艦は、陽炎(かげろう)型駆逐艦の3番艦として1938(昭和13)年10月25日に進水、1940(昭和15)年1月27日に就役しました。  太平洋戦争では新鋭駆逐艦の1隻として最前線で戦っていましたが、1943(昭和18)年5月8日、南太平洋のソロモン諸島近海において、アメリカ軍が敷設した機雷によって沈没、わずか3年余りの短い艦歴を終えました。

戦後最初の「くろしお」は海自初の潜水艦

 旧日本海軍にて「黒潮」は1代限りで終わりましたが、太平洋戦争後に誕生した海上自衛隊においては最多の命名回数を誇ります。  海上自衛隊において最初に「くろしお」と名付けられたのは、戦後初めて日本が保有した潜水艦です。  海上自衛隊は1954(昭和29)年7月1日に発足しました。前身の海上警備隊および警備隊時代から、対潜水艦訓練は在日アメリカ海軍の潜水艦に支援を仰いで実施していましたが、訓練の都度アメリカ海軍に協力依頼を出すのは手間であり、なおかつアメリカ海軍のスケジュールの方が優先されるため直前にキャンセルされることもあり、その調整は厄介でした。  そこで、自前の潜水艦を保有しようという機運が海上自衛隊発足前から高まっており、アメリカ側に中古潜水艦の貸与要請を出した結果、1955(昭和30)年初頭にアメリカ側からOKが出ます。  こうして同年8月15日、カリフォルニア州サンディエゴにおいて、引き渡された中古潜水艦は「くろしお」と名付けられました。2代目の誕生です。 「くろしお」は、もともと太平洋戦争中に就役したアメリカ海軍のガトー級潜水艦「ミンゴ」で、日本側に引き渡された時点で就役から12年が経過していました。そのため、海上自衛隊での運用は11年ほどと短いものでした。 「ミンゴ」改め「くろしお」は、1966(昭和41)年3月まで運用されたのち、サンディエゴでの引き渡しからちょうど15年後の1970(昭和45)年8月15日、除籍されアメリカに返還、2年後の1972(昭和47)年2月、長崎県佐世保市において解体されました。

【関連記事】