Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

宮迫博之が明かした“コンビ解散”危機と「やっぱりテレビに戻りたい」ホンネ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

 活動は順調だが、かつての“主戦場”であるテレビへの復帰はいまだ果たせていない。そんな宮迫は今、どう思っているのか? 7月上旬に妻と帰宅したところを直撃した。手には花束を持っていたが、何かのお祝いだろうか。 ーーチャンネル登録者数100万人突破、おめでとうございます。 「ありがとうございます。みなさまのおかげでようやく……一応の区切りではありますが、まだ通過点なので」 ーージャニーズを辞めた手越祐也さんとコラボするという報道もありましたが? 「それ聞いて笑ってしまいましたけど、ナイです。電話番号も知らないですから。今後ね、もしかすると、そういう機会もあるかもしれないですけど。まぁまぁ、それはコッチがどうこうではないですから」

「吉本と決別」真相を答えた

 とは言うものの、吉本に残る蛍原徹とのコンビ『雨上がり決死隊』は休業状態が続く。宮迫が「吉本に戻らない」と言っているのであれば、それは事実上“解散宣言”では……? 「俺が? どこで……そんな話になっているかわからないですけど、そんなことはひと言もいってないですし、もちろんテレビへの復帰は最優先事項ではあります。ただ、ユーチューブは生半可なことで毎日の配信はできません。そこに関しては、ユーチューブを一生懸命やるのは当たり前のことです。“テレビに戻らない”っていうのは、周りが勝手に言ってるだけですよ。うちのチーム全員がそこを目指して頑張ってくれているので、なんでそんなことを言われているのかも、意味がわからないです」 ーーロコンドのCMに出られましたが? 「あれは、地上波復帰ということの大名目ではないですよ。現状の僕を、地上波のコマーシャルに出してくれたっていうことのうれしさはもちろんありましたけどね。あれは、地上波に戻れたってことではないですから」 ーー蛍原さんとは連絡をとっていますか? 「電話してます。頻繁ではないですけどちょっと前に話しました。2人で飯を食おうと話していたんですけど、コロナで無理になって……。僕も100万人突破記念のイベントでバタバタしているので、それが終わったらと話していますね」

【関連記事】